播戸竜二 OFFICIAL BLOG
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

Ryuji Bando [soccer player]

OMIYA ARDIJA / FW /11
Birthday : 1979/8/2
Hometown : Hyogo Japan

2016/04/30

素晴らしい時間。

バンスタグラムにはアップしましたが、
@banstagram
今日の試合は引き分けでした。

終わってから、
昔からの仲間といろいろ話しました。

やっぱり18.9くらいから知ってて、
一緒に海外に行きまくり、
サッカーをしてきた奴らとは、
何か違うね。

そうとう刺激を受けました!

ソガや満男は、
常勝鹿島でずっとポジションをキープしてる。

それは、本当に簡単な事じゃない。

ただ、ただ尊敬やね。

浩二も鹿島のいろいろな仕事をしながら、
今日は解説。

この後も仕事があるって言ってた。


満男には、休んでる場合じゃない!
ピッチで戦うぞ!
って喝を入れられた。(笑)


最近、憲剛と電話した時も、
最近のブログは振り返り過ぎちゃう?
っていうツッコミを受けた。

まさか、チェックしてるとは…。

まぁ、何も考えずに自分の気持ちを書いてるから、素の俺が出てるんやろうね。(笑)


その時の電話では、
レッズに負けた話をしたら、
クソっ!クソっ!って電話口で悔しがってた。

さすが、フローターレのジェラードやた思ったね。熱い熱い気持ちを感じた。

因みに。

読んでます。

めっちゃオモシロイ!

サッカー選手あるあるがめっちゃある。

世界のトッププレイヤーでも、
感じてる事は一緒やね。

ただ、環境がハンパないから、
かなりのプレッシャーやろうけど。


いろいろな選手に刺激を受け、
播戸竜二は進んでいきます!(笑)


明日はレスター。

優勝したら事件やで!


ban友

2016/04/26

大宮駅で。

今日は大宮駅の東口で募金活動をしました。

募金してくれた皆さんありがとうございました!


大宮に来てから、
大宮アルディージャの選手として、
初めて大宮駅に立ちました。

実感したのはチカラの無さです。

もっと自分自身を知って貰っていれば。

もっと大宮アルディージャを知って貰っていれば。

そう感じました。


もっとみんなが関心があり、興味があれば、
足を止めて募金をしてくれたと思います。


みんなの募金したい気持ち。

入れたい気持ちは感じましたが、

アルディージャを知らなかったり、
知らない人達が呼びかけても足を止めてくれません。

大宮という街で、
アルディージャのことを知らない人がいるこの現実。

それを受け止めて、
これから行動していきたいです。

若い選手がどう感じたかわかりませんが、
何かを感じてくれたら嬉しいです。

スタジアムの募金は、
みんなが自分達のことを知ってくれてる場所やから、みんな足を止めてくれます。

今日みたいに駅でやるのは、大宮アルディージャを知って貰う為にも、自分を知って貰う為にも良かったと思います。

そして、熊本の為に、
大宮アルディージャというクラブが一丸となって募金活動が出来た事は素晴らしいと思います。

大宮という街には、
大宮アルディージャしかありません。
大宮=アルディージャです!

街の人達が誇りに想える。
そんなクラブになれるように、
まだまだやる事はたくさんあると思いました!


嬉しいことは、
ファンの人達が来てくれて募金してくれた事はもちろん、他にもいろいろな人がしてくれた事。

金額なんて関係ないし、
気持ちだけでもいいと思う。


高校生が何人もしてくれて嬉しかった。

遠くから目を合わせると、
ちょっと考えて向かってきてくれる。

ちょっとハニカミながら、
恥ずかしそうに募金してくれた。

こういう日本の未来が、
そういう行動をしてくれるのには、
素直に感動しました。

そして、

やっぱり強い!

アルディ君。

最高の助っ人でした。

この瞬間の子供達の食いつきは、
ハンパなかったです。(笑)



怪我の事でたくさんの人達に心配して頂き、
大変嬉しかったです!

早く戻ってきてください!

ゴール待ってます!

という数々の言葉。

チカラになりました!


だいぶん良くなっています!

しっかり治して、
万全の状態で復活しますので、
しばしお待ちください!


今日はしっかりトレーニングして、募金活動をしたので、ぐっすり眠れそうです。

人参とリンゴのジュースを飲み、
ゆっくりお風呂に入ってベッドにいきます!


おやすみなさい!💤


bandy

2016/04/23

お水。

皆さんからのお水。

たくさん集まっています。

ありがとうございます。

宇留野とMR12が、
熱い気持ちと一緒に持って行ってくれます!

いろいろ協力したいと言ってくれる人もいて、
こういうのは素晴らしいと思います。

みんなでやれるのが本当に嬉しいね!

25日に行くみたいなので、
また報告させて貰います。

MR12のFacebookやInstagramにもアップされてるので、チェックしてください!

@MR12_OFFICIAL

少しでも力になれたらと思います。


リリースにもあった通り、
足首の負傷です。

積み重ねて骨に炎症が起こったという感じです。
少しずつ痛みはおさまってきてるので、
しっかり治したいです!

先週、加地が点を取ったり、
今日はイナが点を取ったり。

みんな頑張っています!

いい刺激を貰い、
自分も取れるように、
イメージを膨らませておきます!(笑)

明日もしっかりリハビリします!


bangoal

続きを読む "お水。" »

2016/04/20

支援お願いします!

熊本地震。

何かしないといけない。

動かないといけないと考えていました。

熊本の人に聞くと、
やっぱり水が一番みたいです。

そこでみんなで水を送ろうと思います!

下のURLをクリックしてください!

http://mr12.jp/news/

俺も送りました!

みんなでやりましょう!

一人一人の気持ちを、
熊本に届けましょう!



今日の試合はテレビで応援でした。

少し足首の調子が悪く、
リハビリをしています。

しっかり治したいです!


ナビスコは決勝トーナメントにいくチャンスがあると思う。

そういうチャンスを生かせるように、
しっかり貢献できるように準備します!


播戸竜二

続きを読む "支援お願いします!" »

2016/04/15

熊本。

この度、被災された方々の無事と、
一早い復興を願います。

余震も続き、不安な夜を過ごされていることだと思います。

ブログを見て、
少しでも元気になって貰えるように、
書けたら嬉しいです。

明日の試合、
メンバーに入らない選手は募金活動をします。

こういう事があった時、
みんなが出来ることをするのが大事です。

他人事ではないです。

いつ自分の身に起きるかわかりません。

誰かが苦しんでたら、
誰かが助ける。

そんな世の中になって欲しいです。

熊本のみなさん、
がまだせ!


播戸竜二

2016/04/11

4月11日。

今日は4月11日。

俺にとっては特別な日です。

1998年の今日。

Jリーグ初出場しました。

場所は万博記念競技場。

対戦相手は清水エスパルスでした。


ガンバに入団したての俺の立ち位置は、
練習生というものでした。

今のようなA.B.C契約はなく、
何分でもいいから、
2試合に出ればプロ契約をしてくれる。
という契約をガンバと交わしていました。

というのも、
ガンバはユースから、
稲本潤一、新井場徹というガンバユースの傑作達を上げることを決めており、
人数、お金ともに余裕がなく、
ギリギリでスカウトに発掘して貰った俺と、
ユースから大学に進学することが決まっていた橋本英郎は練習生契約でした。
トレイニー契約と言われていました。

今思っても、
ハングリーの塊でした。

プロになるチャンスは得た。
給料は10万円。

後は自分次第。

実家から電車と自転車を乗り継ぎ、
お母さんにお弁当を作って貰って、
洗濯、掃除のおばちゃんと一緒に食べていました。(笑)

当時のガンバには、
寮もお昼ゴハンもなく、
10万円の大半は電車の定期代に消えました。

お昼ゴハンを先輩達と食べに行く余裕もなく、
お母さんが朝早くに起きてお弁当を作ってくれました。

10時からの練習でも、
6時過ぎに実家を出てたから、
お母さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
もちろんお父さんも。(笑)

そんな毎日は最高に幸せでした!

昔から大好きだったガンバに入れ、
プロになるチャンスを貰った。

松波正信さんが一番に声をかけてくれ、
優しくしてくれた事がどれだけ嬉しかったか。

それからは、練習に来た選手達には、
常に声をかけ、優しくしようと心がけています。

船越優蔵さん、古河裕次さんには、
午後練習で、次の日が朝練習の時は、
家に泊めて貰いました。

今でもその恩は忘れてないし、
一生感謝し続けると思います。


当時のガンバは、
トップとサテライトが明確に分かれており、
練習場所や時間も違いました。

毎日必死で練習して、
サテライトリーグで点を取る。

それを繰り返していた俺は、
遂にチャンスを貰いました。

1998年はフランスワールドカップがあり、
それに出場する為に調整していた、
パトリック・エムボマは、
ことあるごとに練習を回避し、
試合も回避する事が増えていました。

そこで目をつけられたのが、
サテライトリーグで得点を量産していた、
播戸竜二でした。

4月10日の15時くらいに、
三ノ宮のガード下で、
服を買えないので見物してた俺に、
マネージャーから連絡がありました。

明日のメンバーに入る。

あの時の気持ちは、
まさに天にも昇るっていうのは、
こういうことなんや。って感じ。(笑)

それから試合に出場するまでの気持ちは、
覚えてないね。

そして、出場。
相手は清水エスパルス。
たしか、負けてたね。

当時のコンシリア監督に呼ばれ、
遂に出場のチャンス。

絶対爪痕を残す!

次に繋げる!

それしか考えてなかったね。

出場すると、
とりあえずガムシャラにボールを追い、
走りまくった。

周りの声は耳に入らなかった。

スルーパスが出た!
チャンス!キーパーの真田さんが出てきたけど、かまわずスライディング!

ピー!審判が走ってきてイエローカード!

澤登さんや斎藤トシさんが走ってきて、
俺の胸を小突く。
悪いとはわかってても、
18歳の播戸少年は突っかかる。(笑)

こうして俺の初出場は終わり、
イエローという爪痕を残した。(笑)

試合は負けたけど、
あと1試合出ればプロ契約を勝ち取れる。

それしか考えてなかったね。

確か、次の週の浦和戦で2試合目を達成したんかな。

それからはあんまり覚えてない。

でも初出場の時の気持ちと記憶だけは、
永遠に忘れないと思う。

それが18年前の播戸竜二です。


今と同じ気持ちがあるかと言われれば、
おそらくないやろうね。

いろいろな経験をし、
いろいろなことを感じてきたから。

変わるのは嫌やし、
変わりたくない自分がいるけど、
変わっていくのはしょうがないし、
変わっていくのを受け入れないといけない。

それが大人になるっていうことなんかな?

出来れば大人になんてなりたくないけど、
なってしまってるね。(笑)

だからこそ、
一瞬一瞬を生きないといけないんやろうね。

同じ気持ち、
同じ状況っていうのは、
二度とないから。

今にしても、今しかないし、
18年後には、懐かしく思うんやろうね。


ちょっと長くなったけど、
そんなことを青山のオープンテラスで書いています。

18年前に青山っていう場所も、
オープンテラスってことも知らんかったと思うけどね。(笑)

今ある状況を受け入れ進んでいきたい。

今は今。

今しかないから。

過去は過去で素晴らしいけど、

過ぎたものやから。

思い出すのはいいけど、

振り返らない。

今が未来に繋がる。

未来は自分次第。


こうやって考えたり出来る今を大切に。


日本人男性の平均年齢は86歳。

あと、50年かー。

長いようであっという間なんやろうね。

俺の旅はまだまだ続くし、
また昔のことをゆっくり書きたい。

思い出しただけで胸が熱くなる昔の自分。

昔から播戸竜二はカッコイイねー。


しっかり昔のことをこうやって書くのは初めてかな。

なんかそんなタイミングなんやろうね。

なんかそんなタイミング。

これって凄く重要やね。


一応みんなが読むから、
見直しはするけど、
誤字脱字があってもいいから、
出来ればこのまま更新したいね。


これがリアルな18年前の播戸竜二の物語。

次の物語を書くなら、
ナイジェリアのワールドユースかな?
コンサドーレ札幌への移籍話かな?

まだまだいろいろあるからね。

ただ、時間がかかるし、
気持ちがのるかやね。

こうやって書くことを仕事にしてる人は、
やっぱり凄いね。

さぁ、終わり。

今日はええ天気やわー。


banstory

2016/04/07

磨く。

男を磨きます!

そして、こんなオヤジになります!(笑)

でも…、
一番はこうなりたいね!

カッコええなー。

スーツが着たくなりました!

自分の中でのファッションは、
いろいろ変わってきてるかな。

それ以外も、
いろいろ変わってきてる。

そうやって、
男を上げていくんやろね。

まだまだこれから!

男としても、
サッカー選手としても!


bantleman

2016/04/04

元気です!

いろいろ心配かけてます!

ありがとうございます!

播戸竜二は元気です!(笑)

メンバーに入ったり、外れたり、
いろいろあるのはサッカー選手なら当たり前です!

大事なのはその時にどうするか!

やる事は分かってるので、
今はやるだけです!

ブログもインスタも更新したいんですが、
チームの規則もいろいろあるので、
心配しないでください!

でも、
幸せモノですね!
心配してくれる人がいるっていうのは、
嬉しい事ですね!


インスタですが、
サッカー選手の日常は、
案外何もありません。(笑)

だから、
過去の写真が多くなってるけど、
あれはどうですか?

みんなが喜んでくれてるなら、
バンバン出していきます!


banban