ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
August 2012

08/31/2012

学生さんらに講義。

今日は朝からケルンへ車を走らせましてきました。
 
目的地はケルン体育大学の講義室。
 
目的は、日本から研修でやってきた日大の学生への講義です。
 
昨年も話をする機会をいただいたのですが、今回もまた、学生さんたちの前で喋ってきました。
 
9
 
テーマは比較的自由にお願いします、ということだったので、最初にどんなことが聞きたいを質問してからスタートしました。
 
大きくはドイツサッカーやブンデスリーガの話でしたが、やはり学生たちにとって興味を引いたのは、日本人選手がどうしてこんなにたくさんいるか、って話。
 
FOOTxBRAINというテレビ番組でも紹介しましたが、そこは最も皆さんの関心を引く話なんですね。
 
 
 
それから日本の部活動と、ドイツの地域スポーツ活動のあり方の違い。
 
これもスポーツマネージメントを勉強している学生さんたちにとっては興味深々で聞いてくれました。
 
 
 
講義は合計で2時間半くらい。
 
ノンストップで喋りましたので、自分の体力も天晴れですが、それを聞いている方も大変だろうなぁと。
 
中には目を閉じてオレの話に聞き入っている人も若干数。
 
きっと想像しながら話を聞いてくれていたんだろうなぁ、うんうん。
 
 
多くの学生さんはメモを取ったり、資料をスクリーンに映していたので、それを写真で撮ったりと、かなり真剣に聞いてくれていました。
 
ホント、嬉しいですよねー。
 
 
オレも昔は同様の学生だったし、疑問に思うことがたくさんあったので、そういった点を次々に明確にしてあげたので、きっといろいろな新しい発見があったんじゃないかな。
 
全体の質疑応答のあとにも数人が質問に来てくれて、とにかく嬉しかったです。
 
 
 
オレがこのドイツで見たこと感じたこと経験したこと、そして学んだこと。
 
その1つ1つをもっともっと日本に伝えていけたらいいなぁと改めて思いましたね。
 
架け橋になることはもちろん、伝道者になっていくことも大事だと、改めて痛感しました。
 
 
 
 
それにしても寝不足でそのあとの仕事もあったので、今日はもう目が閉じそうです。
 
オレもあの学生さんのように、目を閉じて想像力を働かせながら、明日の朝を迎えようと思いますw
 
それでは。
 
 
「頑張るときはいつも今」
 
GENGO

神様からのサプライズ

昨日はオレに関しての記事がYahooニュースのトップトピックスに載ったということで、たくさんの方々からメールやブログへのコメント、ツイッターへの反応やFacebookへもメールや書き込みなどがありました。

トピックスに上がったのもすべて、多くの方がNumber Webの記事を読んでくれたからだそうです。

なんだかめっちゃ嬉しくなっちゃいました。


と言ってもすべては日本でのこと。

”Yahoo Japan”に”日本語”で載ったのですから。

つまりフォルトナのオフィスに行っても誰もこの事実は知りません。

ということは、誰にも何も声掛けされませんでしたw


さすがにフォルトナに関する記事ですし、インタビューを受けるよ、ということは伝えていたので、報告だけでもしようかなと思ったんですが・・・。

今週のフォルトナのオフィスは、ホーム開幕戦のボルシアMG戦の準備に追われており、全く談笑している余裕もなし、という感じでして。


この試合が部分的無観客試合になるのですが、年間シート保持者の一部が抽選で来場を遠慮してもらう、という特別処置になることが決定し、いろいろと対応に追われているんです。

つまりオレも例外ではなく、日本のサイトへの情報アップや、年間シート保持者への対応があり。

更に先週発刊したフォルトナ通信vol.13を日系企業さん約250社に配送するための作業とありまして。
 
 
7
また来週から日本に出張をするので、不在のときに仕事が残っていないようにそちらもメールなどで細かくやり取りしていたりしていて・・・。

スポンサーの”SUSHIタクシー”さんからの差し入れ、”フォーTUNA”を食べながら、仕事してました。
 
8
つまり皆さんからの反応だけが、「Yahooのニュースになったんだな」って感じられる唯一の部分だったとうことですね。

ということで改めてですが、いろいろとコメントやメールを下さった皆さん、ありがとうございました。

そして記事を書いてくださった木崎さん、ありがとうございました。


そしてそして、この夏頑張ったオレに、こんな”サプライズ”を用意してくれた神様にも感謝したいと思います。

またこんなニュースを配信できると、、、いいなぁ。


狙って出来ることじゃないですけどね。

引き続き、これからも見守っていてください。

それでは。
 
「頑張るときはいつも今」

GENGO

08/29/2012

Yahooトップトピックスに!!

朝起きて、同様の連絡がいくつも来ていてビックリ。

昨日紹介したNumber Webのオレに関する記事が、今日のYahooのスポーツトピックスのトップにあがっていました。

Yahoo_japan

その後もFacebookに、ツイッターに、ブログに、メールボックスにたくさんの方から連絡があり、嬉しいです。

皆さん、ありがとうございます。

全部に対応したいのですが、ちょっとお時間ください。


ちなみに来週から日本滞在ですので、メディア関係のお問い合わせがありましたら、是非メールでいただければ嬉しいです。

可能な限りご対応させていただきたいと思っております。


明日はドイツに来ている日大生たちの前で講義がありますので。

有意義な話が出来ればいいなと思っています。

秋の臭いがし始めているドイツより。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

今年にかける想い。

こんばんわ。

ドイツ語ではグーテンアーベント。

8月ももう終わりが近づいてきていますが、子供たちは夏休みの終わりが近づいてきて残念な気分と友達に会える楽しみな気分が入り混じる時期ですね。

そして夏休みの宿題に終われてたりするのかな。

オレは毎年例外なく、真っ黒クロスケになってましたね。

あ、それは31歳になった今も一緒ですがw


そんなドイツで迎える8回目の夏も終わり。

もうそんなに経つのかぁとしみじみ。

7年半の月日と言えば、子供が生まれてたと想像すると小学2年生ですからね。

本当に長い月日が流れたもんです。

7年前は、ちょうどフォルトナのサテライトチームに加入して、試合に出たくらいの時期。

当時24歳のオレは、毎日20歳前後くらいの若い選手たちに混じって、とにかくサッカーとドイツ語の勉強に明け暮れる日々でした。

でも真っ赤なフォルトナの練習着を身を纏い、この街のシンボルでもあるフォルトナというクラブの一員として存在していることに誇りを持っていました。

Fotos_182


ドイツ公式戦デビューも果たし、勝利して地元紙にも載って。

ホントのホントに人知れず、でも雑草海外組なんだって思って毎日必死に生きていました。
Fotos_076


あのころのオレは、7年後の自分が、こうやってフォルトナのフロントスタッフとして仕事していることは、まだ想像していませんでした。

ドイツのクラブ運営には興味がありましたが、まさか自分がその中枢に入っていけるとはね。

ドイツ語だってつたなかったし、ましてフォルトナが1部に昇格するなんて。

だったらいいなー、くらいの思いはあったけど、想像なんて出来ませんでした。




そんなオレが今の自分を想像して動き出したのが、その1年後の6年前の夏。

2006年ドイツW杯のあとからです。

オレの渡独の大きな目的のひとつであったドイツW杯が終了し、帰国するか悩んだとき、ここで自分の最大の武器を手に入れるまでは逃げちゃいけないって思ったんですよね。

と同時に、このドイツで誰にも出来ないことを成し遂げたいって。


サッカー選手としては、日本でもJFLがやっとだった選手ですからね。

それがドイツで1部2部でプレー出来ると勘違いするほど、おバカじゃありませんでした。

でもじゃあ、プロクラブのフロントスタッフとして、ブンデスリーガ1部の舞台に立ってやろうって。

同時に、興味のあったドイツプロクラブのマネージメントを自分の目で耳で、そして肌で感じたい、勉強したいと思ったのでした。


そこからはケルン体育大学を目指し、入学し、大学院に所属し、休学し、そしてフォルトナのフロントへ飛び込むという流れですが、よくもまあ、ホントにここまで来たなって自分でもちょっと感心しちゃう部分はあるんです。

3部だったフォルトナのフロントに研修生として入り、誰でも出来る雑用をやりながら、どうやって誰にも出来ない仕事をしていこうかと考えていました。



日本デスクを立ち上げてからも、実はクラブから「これをやれ」と指示されたことはほぼ皆無。

常にこちらから「これをやりたい」と提案し続け、許可されたり、許可されなかったり。

今では当たり前のようにオフィスに行き、自分の席があり、そこに座って仕事をしますが、最初は「物理的にお前の座るスペースはない」なんてところからのスタートでした。


オレは今でもオフィスに行くと、出来るだけスタッフと握手をします。

サッカー選手はみんな、ロッカールームに入ると最初に全員と握手するんです。

そうやってチームワークというか、人間関係というか、信頼関係を築いていくんです。


フロントのスタッフは別に朝それぞれが顔を合わせても、誰も握手などはしていません。

でもオレは今でも、出来るだけみんなと握手をします。

それは当時、とにかく自分の存在を覚えて欲しくて、印象付けたくて、手を出し続けてたからなんです。



重複しますが、いまではもう、オレの存在はクラブ内でも当たり前の存在となりました。

日本デスクも、日本語発行物の存在や、今回のスポンサー獲得で、名実共に最低限の地位を確保出来るようになったと思います。

会長が公の場でオレのことを褒める発言をしたのですから、それは本当に胸を張れることでしょう。



7年前、セカンドチームで言葉もろくに分からず、とにかく真っ黒になってボールを追いかけていた24歳の日本人が、その7年後、こうしてクラブの一部となれている事実。

6年前に今の自分をイメージして動き出し、4年前に実際にフォルトナのフロントへもぐりこみ、そしてオレだけの”オンリーワン”を目指してきました。

最近、TV出演させてもらったり、雑誌に載せていただいたり、今回もNumber Webで取り上げていただいたり、自分でも本を出版したりと、メディアから取り上げてもらえるようになったことを本当に嬉しく思っています。



先週ブンデスリーガは開幕し、フォルトナは白星スタートしたわけですが、今週末はいよいよホーム開幕戦です。

昨季の入れ替え戦の影響で、部分的無観客試合という処置を受けての試合になり、3万人のみの入場となりますが、それでもオレにとっては、本当の意味での1部の舞台ということになります。

あの7年前の、6年前の、4年前の、そのほかのすべての瞬間のオレの”頑張るときはいつも今”が、ついにその瞬間を迎えるんです。


終わってしまえばただの34試合(1シーズン)のうちの1試合に過ぎません。

ブンデスリーガの50年の歴史の中の1ページに過ぎないし、フォルトナの117年の歴史の1ページに過ぎません。

でもブンデスリーガ50周年記念シーズンの、フォルトナ15年ぶりのホーム開幕の、日本企業スポンサー看板デビューの瞬間でもあるわけですから。

だから、その瞬間はやはり、大事にしたいなと思いました。



こんなこと、人から見たらどうでもいいことかもしれません。

やはりオレの人生の主人公は、オレしかいないのですから。

自分で意識して、自分でアピールしないと、当たり前の瞬間として過ぎ去ってしまいそうで。

だから今日はゆっくりと振り返り、そしてしっかりと書かせてもらいました。



これまではとにかく突っ走ってきましたが、今シーズンは一瞬一瞬を大事に大事に感じながら進んでいきたいと思っています。

というか、そうするべきだと思ってるんです。

またこの経験をいろいろなところで伝えていく機会あればいいですしね。


来週日本へ飛び、またいろいろとサッカー関係者などと顔を合わせてくることになっています。

また大阪の高校で講演をさせてもらうことにもなっています。

子供たちがオレのことをどう思い、どう感じるのかは分かりませんが、気持ちを伝えられたらいいなと。




まだまだ若輩者ですが、少しすつ、形が出来てきました。

日本とドイツの架け橋になりたい、という想いがずっとありますが、と同時に、ドイツサッカーの”伝道者”もなっていきたいなぁと感じています。


海外組のサッカー選手とはまた一線を画す、フロント海外組として、また明日から頑張ります。

長くなりました。

読んでくれてありがとうございました。
Esprit_arena_4


「頑張るときはいつも今」

GENGO

08/28/2012

Number Webで紹介。

心地よい天気が続くドイツ。
 
気温は20度前後ですが、天気が良いのでちょうど良い。
 
徐々に暗くなる時間が早くなってしましたが、このくらいの気候は心地よいですね。
 
これから、寒く暗い冬に向かうのがちょっと憂鬱ですが・・・。
 
 
 
そんな今年の夏は、オレにとっては1つ、大きな目標を達成することが出来ました。
 
それがフォルトナへの日本企業のスポンサー獲得。
 
このクラブにもしっかりと爪あとを残すことが出来たと思っています。
 
 
そんな話をNumberさんがWebに取り上げてくれましたので、是非。
 
こちら→ Number Web
 
 
こうやって人知れず異国で頑張ってきたことが、結果に繋がって、そして公に評価してもらえると、今までやってきたことが間違ってなかったんだという自信になります。
 
 
でも、ここまではすべて計画通り。
 
まだもう1つの目標がありますから。
 
 
引き続き、続けていきますよ。
 
 
「頑張るときはいつも今」
 
GENGO

08/27/2012

週末はボーフムへ。

昨日は知り合いと共にボーフムへ。

ブンデスリーガ2部のボーフムvsアーレンを見てきました。


今季からボーフム新加入した田坂選手はしっかりスタメン出場。

大雨の中、良いプレーを見せてました。

華やかな海外組の中で、代表経験などがないため、注目度はどうしても高くない田坂選手。

でもチームでは早くもポジション争いに勝ち、信頼を勝ち得ています。

それって当たり前のようでとても大変なことです。

特にボーフムは、過去に小野選手、鄭大世選手、乾選手が所属しただけに、常に彼らと比べられるでしょうから。

チームは試合終了間際に失点して悔しい敗戦に。

田坂選手は73分に途中交代していたので、尚更悔しかったでしょうね。

それでも試合終了後、しっかりファンサービスをするなど人気も上々。

なんだかそんな姿を見ていて、同じ日本人として誇らしかったです。


引き続き結果を残し続けて、上昇気流に乗ってくれることを願ってます。

間違いなく、もっと評価されてもいい選手の1人ですから。

あ、上から言っているわけではないので、勘違いしないでくださいね。

とにかく熱烈応援中です!!


頑張れ、たっぴー!!
(フロンターレサポの方から聞いた田坂選手のアダ名)

「頑張るときはいつも今」

GENGO

08/26/2012

フォルトナ、15年振りの勝利。

皆様、ご報告です。

フォルトナがアウェーでの試合に2-0で勝利しました。

ゴールの瞬間、興奮と感動で涙が溢れました。

皆さんには分からないかもしれませんが、オレにとっては7年半の思いが詰まっていましたので。

デュッセルドルフにやってきたあのころ、3部でくすぶっていたフォルトナ。

その半年後にセカンドチームに加入しプレー。

4年前からはフロントのスタッフとして、とにかく上を目指してきました。

あれから随分の月日が流れ、ついにブンデスリーガ1部の舞台へ。

その舞台で、フォルトナが堂々と勝利したですから。

湧き上がる興奮と感動は、それはもうすごかったです。

試合レポートはこちら

この1勝はフォルトナに関わるすべての人間にとって掛け替えのないものになりました。

でももちろん、この1勝は34試合のうちの1勝に過ぎませんからね。

オレはあくまでもフロントスタッフですぁら、とにかく選手たちにこれからも一歩一歩頑張って行って欲しいです。

とりあえず、今節の今にところ(明日、シャルケvsハノーファー)の順位表だけご紹介。

ぎゃー!!!

フォルトナがバイエルンとドルトムントに挟まれて2位!!

CL出場権獲ってます( ´ ▽ ` )ノ

。。。

まあ、とりあえず、今日だけは許してくださいw

ちなみに来週はボルシアMG戦です。

そういう相手との対戦で1部を実感。

それでは。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

ネット観戦。

いよいよ昨夜ブンデスリーガが開幕し、オレの中でもシーズンがスタートって気分です。

そして今日、フォルトナもアウェーにてキックオフを迎えまして。


相手はFCアウグスブルク。

昨季、細貝選手が所属したところですね。


アウェーなので今回は行きませんが、ネットでしっかりとチェックです。

試合レポートも書くので、出来るだけこうやってLiveで見るようにするんです。


合わせて清武選手がスタメン出場してたハンブルガーSVとニュルンベルクの試合も同時に観戦。


ということで、こんな感じ。

器用でしょw


ブンデスリーガは有料放送SKYでしか基本は見れないので、オレも入ります。

入ろうと思ってるうちに開幕しちゃったんですw汗


こんな感じで試合を見ることも仕事なんですよ。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

08/25/2012

目標をアップデート。

窓を開けて寝たせいか、ちょっと冷んやりな朝。

でも心地よい風が吹き込んできて目覚めは良し。

休日でも7時台に目が覚める健康体ですが、それもまあいいですね。


この夏は本当に猛ダッシュでした。

まあ、いつだって相当なハイペースで走らせてもらってますが。

でもまあ、色々変化、というか進化があったなぁ。

計画を実行し、目標を達成しつつあるのも事実。

有言実行出来てきてることは、少なからず自信に繋がってますよ。


ただ、徐々に込み上げてきている次のステップへの欲求。

期待と不安の入り混じった将来への思い。


どんなに自信持ってたって、どんなに経験や知識が豊富だって、やはり評価があって始めて価値があるもの。

周りと比べるという意味ではなく、周りが存在して始めて意味を成す、という感じかな。

その辺も意識しながらこれからの1シーズンを過ごしていかなきゃ。


とにかく将来の目標をアップデートしていく必要があるよね。

新しいステージに向けての種まきをもっとやらなくちゃ。

そのためにも、1週間後の日本出張はまた大切な機会になるはず。


サッカー関係者とのアポもいくつも入れてるし、講演の予定もあるし、試合視察もするし。

良い意味でこれまでとはまた違う意味での日本滞在になるといいなと。


人生一度きり。

後悔なく、後ろを振り返ることなく。

前見て進めるように。


さあ、起きようかな。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

ブンデスリーガ開幕。

今日ついにブンデスリーガが開幕しました。

ドルトムントがブレーメンに2-1で勝利しました。


意外かもしれないけど、ブンデスリーガは今シーズンで50季目。

イングランドやスペイン、イタリアに比べると歴史自体はそんなに古くありません。

まあでもそんなこといいんです。

とにかく大好きなサッカーのシーズンがやってきました。

今季のブンデスリーガには日本人選手が10人。

そしてもちろん、フォルトナも。


オレが仕事し始めたときは、フォルトナは3部でした。

もちろん当時はブンデスリーガがこんなにブレイク状態でもなかったですから。

それを思うと、オレにとっては夢のようなシーズンです。


とにかくワクワクします。

今シーズンは掛け替えのない1年にします。


「頑張るときはいつも今」

GENGO