ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
April 2013

04/27/2013

王者と対戦。


世界に衝撃を与えた今週。

CLの準決勝で、バイエルンがバルセロナを、ドルトムントがレアルマドリッドを、それぞれ4-0、4-1でやぶるという歴史的な結果に度肝を抜かれました。

今まで圧倒的な存在だったスペインの2強が、ドイツの2強に完敗したのですから。


ただもちろん、この2試合だけで、ドイツクラブの方がスペインクラブより強くなったよは言い切れません。

やっぱり選手のクオリティはスペイン2クラブは、やっぱりすごいですから。

でも言えることは、スペイン2強時代は終わったということではないかな、と。

一時期は最強を誇ったセリエAは空席が目立ち、ヨーロッパ大会でも結果が出ていません。

インテルやローマは、もはやイタリア国内でも優勝争いから遠のいています。


今回はイングランド勢はベスト16ですべて姿を消しました。

CLのベスト4はスペインとドイツのみ、それ以外もフランスやポルトガル勢。

それでも、どこが弱くなったということではなく、どこも名前だけでは戦えなくなったということではないでしょうか。

群雄割拠の時代ですね。


そんな今日は、そのドルトムントがフォルトナと対戦です。

トップチームではないかもしれないのが、フォルトナにとっては唯一のチャンス。

昨季覇者ドルトムントからポイントを取りに行きます!!


1部残留に向けて、いくぞー!!!

ブンデスリーガのある週末。


「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/24/2013

日曜大工。


オレは昔から自分で何かを作るのが好きです。

部屋の模様替えも良くしてたなぁ。

大学の時は、部屋の中にカウンターを作ったり、勉強机を作ったりもしてました。


ドイツ来てから、結構こっちの人たちは、自分のうちをガンガン改造しちゃうことを知って、いろいろ自分でもトライしちゃってます。

天井のライトを引っ張ったり、
(まだちゃんと仕上げてないw)

窓のブラインダーを取り付けたり、

いろいろ自分でやるのは楽しいです。


今日は夕方帰宅し、急に思い立って、キッチンの棚を作ろうかな、と。

マイノコギリとマイドリルで2時間くらい没頭してましたが、今日はここまで。


まあまあいい感じでしょ。

また時間を見つけて仕上げます。

いい気分転換になりました。


さあ、CL見よ^^

「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/22/2013

試練は前に進もうする者だけのもの。


土曜日に行われたHSVとフォルトナの一戦は、フォルトナが1-2で敗れてしまいました。

そんなこの一戦は、実は特別な試合になるはずでした。


今年の1月に新加入した大前元紀選手が、ついに今季初スタメンを勝ち取ったんです。

チーム状況や不運な肋骨の怪我などもあり?なかなかチャンスがなかったのですが、じっとチャンスを待ち続け、やっとそのときが来たんです。

しかし、ご存知の方もいるかと思いますが、結果は前半15分で負傷交代。

競り合ったあとに、着地した時に相手が大前選手の足首を踏みつけてしまい、スパイクのポイントが彼の足首に傷を付けてしまったんです。


「切れてる、切れてる!!」


と言いながら駆け寄ってきた大前選手の足を見て、ドクターストップ。

すぐに交代し、傷口を縫いましたが、「マジかよー、なんでだよー」と言う彼の言葉が忘れられません。

普通にサッカーやってたら、めったにあんな風に切れることはないですよ。

それがよりによって、ブンデスリーガ初スタメンの日に起こるなんて...


(写真:ゲキサカ記事より引用)

この3ヶ月半、ずーっと一緒について見てきましたし、苦労して掴んだチャンスだということはよく分かっていました。

それだけにオレも悔しくて、震えが止まりませんでした。

でもね、不幸中の幸いですが、アキレス腱や靭帯は大丈夫だったんです。

シーズン中には復帰できると言われて、気持ちを切り替えるよう2人で誓いました。


切れたのは皮膚だけ。

切れなかった気持ちに感謝。


オレの任務は彼が1日でも早くピッチに戻るためのサポートです。

不運な怪我が続いていますが、それも彼が前に進もうとするからこそぶつかる壁に過ぎませんから。

前に進もうとしない人は壁にはぶつかれませんし、試練も与えられません。

前に進む勇気がある者だけが、試練を得ることが出来るのです。

オレはもちろん、大前選手も、ここから逃げるという選択肢はありません。

というわけで今季はあと4試合ですが、とにかく1日も早い復帰を目指して頑張りますんで、皆さんどうか応援よろしくお願いしますね。

きっと元紀が残留に貢献してくれるはずだから!!


「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/20/2013

ターニングポイントにする。


ぐーてんもるげーん。

サタデーモーニング@デュッセルドルフ空港です。


週末はブンデスリーガ。

昨夜、一足先に行われたライバルのアウグスブルクは、ボルシアMGに負けました。

フォルトナは今日、アウェーでハンブルガーSVと対戦。


ハンブルガーSVはかつて高原選手が所属した強豪クラブ。

でもチャンスはあるはず。

しっかり準備してきましたし、背水の陣で挑むフォルトナは決して弱くないですよ。


今日を入れて残り5試合。

16位のアウグスブルクと、15位フォルトナは勝ち点3差です。

この順位差が天国と地獄。

15位は残留、16位は入れ替え戦ですからね。


とにかく自分たちの試合に集中することですが、ここで勝利出来れば、6ポイント差にすることが出来ますから。


チャンスは自分で掴み取るもの。

そしてターニングポイントを自分たちで意識して通過することもまた、とても大事なこと。


今節は他にも注目の試合がありますが、オレの中ではハンブルガーSV vs フォルトナがトップゲーム。

皆さん、注目してくださいね。

そして応援よろしくお願いします!!

さあ、ハンブルクへ行ってきます!!


「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/19/2013

プロの仕事。


パソコンがショートし、そのままアウトしてしまったことはお知らせしましたが、その続き。

今日、やっとクラブのIT系の対応をしてくれるミヒャエルが来てくれました。

「心配するな」

の一言がどれだけオレを勇気付けてくれたことか。

早速ミヒャエルは次々に問題を解決していき、そして壊れたPCからもすべてデータを引き出してくれちゃいました。

素晴らしい、素晴らしすぎます。

これがプロの仕事なのですね。

それ以外にも以前からあった疑問もバンバン解消してくれちゃいまして。

1人じゃどう頑張っても解決出来ないものだったので、とにかく感謝です。

頑張ってもどうにもならないこともあるって痛感しちゃいました。

つまり、今回のことで学んだことは...

ネットワークとして、プロフェッショナルをいかにたくさん周りに持っているかってことが、自分の仕事の効率性やクオリティを高める大切な要素なんだなということ。


もちろん、仕事としての話ですが、スペシャリストに任せるということの重要性を感じましたね。


そしてオレも、自分なりのスペシャリティを高めていかなくちゃな。

そういう結論にも至りました。

とにかくやっとパソコンを普通に使えるようになりました。

当たり前が幸せに思える。

これが究極の幸せですよね。


再確認しました。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/17/2013

暫定ながら。


携帯の写真を見ていたら、懐かしいものを見つけたのでご紹介。

こんなときもあったんです、こんなときも。


当初はCL出場権を賭けて戦ってたんだけどなーw

なんてね。

今週はアウェーでハンブルガーSVと対戦します。

監督のサプライズ采配に期待じゃ!!

アウフゲーツ、フォルトナ( ´ ▽ ` )ノ


「頑張るときはいつも今」

GENGO

10年前。


オレは今、32歳です。

ということは10年前は22歳。

つまり大学を卒業してから、ちょうど10年経ったってことですね。


今の自分は、10年前に想像していた10年後とどれくらい誤差があるんだろう。

そんなことを考えたけど、22歳のときに32歳をリアルには想像出来てなかったことに気付きました。

ただ、人とは違う何かを身に付けたい、だから20代は自由に生きようって思ってた気がします。

結婚願望もなかったし、とにかく身軽にどこでも行ってやろうって感じでした。

当時のオレが今のオレを見たら、きっといろいろ成長したと思うんでしょうね。

じゃあ逆に10年後ってどうなってるんだろう。

きっと今想像してるのとは違う未来が待っているんでしょうね。

そしてその頃から見たら、32歳のオレの悩みなんてちっぽけな出来事なんでしょう。


そんな風に思ったら、小さな悩みなんてなくなっちゃいますよ。

心配なんてしてる時間がもったいない。

許される限り前向いてガンガンいくぞ!!

未来の自分が過去の自分に言いたいことは、心配しないで全力でやれってことです。

それが...

「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/15/2013

熾烈。


昨日、16位のアウグスブルクが勝ったため、いよいよフォルトナとの差が勝ち点3となりました。

フォルトナはブレーメンに引き分けて勝ち点1しか取れず。


後期はまだ9ポイントしか獲得出来てないです。

前期は21ポイントだったのに。


逆にアウグスブルクは前期は9ポイントだったのに、すでに18ポイント獲って、後期だけなら5位の成績です...

残すところあと5試合。

ハンブルガーSV(A)、ドルトムント(H)、フランクフルト(A)、ニュルンベルク(H)、ハノーファー(A)。


どれも楽な試合はありません。

でも絶対に降格したくない、絶対に!!

こういうとき追われる方が精神的にキツイですね。

しかも選手として闘えない悔しさもあって。

とにかく信じるしかありません。

選手たちが頑張ってくれることを。

周りはサポートするしかありませんから。


大前選手がきっとやってくれます。

最後まで諦めないで頑張るぞ!!

頼む!!!

「頑張るときはまさに今」

GENGO

04/14/2013

自己プロモーション。


オレくらいの年になってくると、世の中でもしっかりとビジネスしている人たちがたくさんいます。

または、家庭を持ち、しっかりと父として母として生きている友達もたくさんいます。


サッカー界で生きていると、特に現場に近いところで生きていると、時々そういう感覚が麻痺してしまうことがありまして。

特に現在は23歳の大前選手と日々をともにしていますが、それ以外にも海外で活躍する選手たちを見ると、みんな若いんですよね。

なのにみんな、とってもしっかりしています。

やはり、若くして責任を負う立場になっている人たちですから、とてもマインドがしっかりしているんでしょうね。

毎試合のように、通信員に囲まれ、コメントを求められるのですから、やはりそういった感覚は自然に身に付いていくのだと、端から見ていて思います。


そういう仲間たちを見ていると、自分はどうなのかなと考えてしまう瞬間があります。

出来るだけ周りとの比較はしないようにと心がけてはいますが、客観的に自分を評価し、出来ていること出来ていないことをしっかりと把握するには、時には必要なこととも思っていますので。


オレ自身は、ブログやツイッター、Face Bookでいろいろなことを情報発信してきているつもりです。

ブログは仕事のことも書きますが、出来るだけ自分のライフスタイルやマインドを記す場にしています。

ドイツに渡ってきた当初から書いていますし、自分が目指しているところを踏まえて、それを達成したときに振り返るのではなく、目標に向かって進んでいる様をしっかりと記録している、といった感じでしょうか。


ツイッターはたった140文字の情報発信ツールですし、内容は出来るだけ完結に、それでいてドイツの現地だからこそ分かることなどを中心に、ヨーロッパサッカー情報を多くつぶやくようにしています。

面白い話などはすぐに拡散リツイート(RT)してもらうことが出来ますし、それを見ていると、フォロワーの方がどんな情報を求めているのかが分かります。

その辺の需要を踏まえた上で、オレが発信したい情報を時々盛り込ませてもらい、皆さんにも知ってもらえれば、なんて思いながらつぶやいています。


Facebookは基本的にはオレ個人ではありますが、オフィシャルな情報を中心に行うようにしています。

本を出版したとか、TVに出演したとか、雑誌の取材がありましたとか。

そうすることで、実際の友人が多いですし、彼らに今の自分を伝えることが出来ているかな、と。


そんな感じで、いわゆるソーシャルネットワークを使い分けることで、自分のプロモーションの仕方を考えています。

現代人のメンタリティをよく理解し、またインターネットの普及に比例して広がっていったソーシャルネットワークですが、ただその利用者になるのではなく、うまく活かしていく方法を考えています。

人のつぶやきやFacebookを見ていて、それを周りに知らせてどうするんだろう、とか、この人は意外とこういうことを考えている人なんだな、とか、そういうことに興味があるのか、なんてことが多々あります。

でもまあ、それはそれでアリなんでしょうし、そういう書き込みをすることでストレス発散になったり、新しい世界を発見することもあるんだろうなって思ってます。

人は見た目だけでは何を考えているのか分かりませんから、そういうことを知るってのも、なんだか興味深いことだったりします。

まあ、正直、興味ないものはほとんどスルーしますがw笑

逆も同じで、オレのつぶやきや書き込みがつまらなければ誰も反応しない訳だし、面白ければコメントが来たり、メールが来たり、RTされたりするわけで、それも含めて勉強になります。


とまあ、日頃はそんなことを考えながらソーシャルネットワークを利用しています。

ちなみにブログを出来るだけ毎日書き続けること、これも1つ、意味を持たせていることだったり。

やはり人間、何気ないことでも考えてやるのか、いい加減にするのかは違いますから。


ある代表の選手が、代表の合宿中にも、自由時間に英語のレッスンの時間をきちんと取っているという話を聞いたことがありますが、何事もとにかく大事なのは自発的に行動することと、自律心をしっかり持つことなんでしょうね。


ということで、今日はフォルトナが激闘の末、ブレーメンと引き分けた翌日ですが、軽くデスクワークをしながら、PCと向き合っています。

皆さん、明日からの新しい週に向けて、いい準備をしてくださいね。

それでは。


「頑張るときはいつも今」

GENGO

04/11/2013

犬王国。


ドイツは犬が暮らす上で最高の国です。

カフェでもレストランでも、電車でもショッピングでも、基本どこでも連れていけちゃうんですから。

デパートの食料品コーナーなどは流石にダメだったりしますが、その場合は「犬が入れなくてごめんなさい」と看板が出てるんです。

それ以外はどこでもOK。

本当に犬と犬好きには、最高の国なんです。

ちなみにペットショップはなく、ブリーダーからしか買えません。

どんなにお金持ちの人でも、ブリーダーがノーといったら、犬を飼うことができません。

家族の一員に迎えてもらうための審査受けるということです。


それに飼い主は、しっかりとしたしつけをすることが義務付けられていますし、だからリードを外して散歩をしている姿をよく見かけます。

それって本当に凄いことですよね。

意外とフンを片付けないのは、飼い主のマナーが悪いのですが...


ドイツでは、とにかく犬が幸せに暮らせるんです。


こんな姿もよく見かけます^^

オレもいつかドイツで犬のいる暮らしがしたいなぁ。

そんな生活に憧れます。

まさに、ワンだふるライフ( ´ ▽ ` )ノ


あ、失礼ε-(´∀`; )

ちなみにこれ、 ドイツ語だと、ヴンダバーレスレーベンとなります。

なんか、カタイですねw

どうでもいい話でした。

引き続き一人暮らしを楽しみまーす。

「頑張るときはいつも今」

GENGO