ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
August 2017

08/16/2017

ボクの才能。

ボクは凡人です。

身長が高いわけでも、足が速いわけでも、パワーがずば抜けてるわけでも、何かのセンスに優れてるわけでもありません。

成績が特別よかったわけでも、何か特別な発想ができるわけでも、ビジネスが得意なわけでもありません。

育った家庭も普通だし、ルックスも普通、身長も普通、とにかく挙げればきりがないですが、とにかく何もかも普通の凡人です。

でもだからこそ、ボクにできることは多くの人にできるはずと、常に思っています。

ただ唯一、たった一つだけですが、ボクの才能と言えるかもしれないことがありまして。

それは最後の最後まで諦めないということです。

それが例え、周りから見たらもう無理だと思えることであったとしても。

そこに挑むからこそ、そこを信じて進むからこそ、そこに勝機を見出すことができるからこそ、何かを成し得る権利を得れるんだと思っていて。


人生、成長を求めてなんぼ。

ボクは50になっても60になっても70になっても、成長を求めていたいです。

それが人生を豊かにしてくれるでしょうから。

そして可能な限り、諦め悪く、最後までチャンスを追い求めるような生き方をしたいな、と。

今日は自分を奮い立たせるブログでした。

頑張るときはいつも今。

いつも書いてる自分の言葉で、改めて自分の生き様を確認。

そうそう、最後まで頑張るっしょ。

後悔ほどダサいもんはない。


「頑張るときはいつも今」

08/11/2017

若武者。

昨日までの10日間、フォルトゥナのアカデミーに、水戸ホーリーホックユースの17歳GKが短期留学に来ていました。

JFAとJリーグの協働プログラム、JJPの取り組みの一環で実現したのですが。

その関係でここ2週間は現場(グラウンド)に何度も行ってました。

U23チームとU19チームを中心に、GKトレーニングに参加させてあげたので、いい刺激になったと思います。

196cmの同級生や、コンディション維持のために練習参加していた元ブンデスリーガGKもいて。

彼にとっては掛け替えのない経験になったはず。

最初は緊張もあってミスを連発し、もじもじしていたけど、最終日にはGKコーチから褒められるプレーも。

途中、淡々とこなしているだけに違和感を感じ、ボクから厳しい言葉を受けて凹んでいましたが。

それでも意識を改善し、後半には積極的な姿勢も見えるようになっていきました。

最後にはみんなに笑顔で送り出されて。

U23スタッフ陣

U19スタッフ陣(研修中の中村コーチも)


本人はちょっとマイペースな子でしたが。

でもやはり感じたことはいっぱいあると思います。

この機会を彼のサッカー人生において、ターニングポイントしてほしいですね。


そして近い将来、プロの舞台で活躍し、この経験を振り返って笑って話せる日が来るといいなぁと。

やっぱ将来があるっていいですね。

36歳のおっちゃんには、もうプロを目指す資格はないですから。

17歳でこんな経験ができる彼が羨ましいし、これからの成長が楽しみですね。

とにかくお疲れ様でした。

「頑張るときはいつも今」

08/10/2017

一期一会。

このテーマで何度もブログを書いてるなぁって思います。

東京からつくば、つくばから高崎、高崎からドイツ。

その間にも多くの出会いと別れを繰り返して来ましたが。

ドイツに来てからは12年半、基本的には見送るばっかりです。

そりゃ人それぞれ人生があって、プライオリティがある中で決断していくわけですが。

やっぱ別れは寂しいもんです。

だからこそ、大切に想う人たちは、そのときどきに自覚して大切にしなくてはいけませんね。


こんな当たり前のことを、当たり前の日常がときどき忘れさせてしまうことがあります。

人生とは自覚することで、後悔を減らすことができるのだと、思います。

納得しながら生きること、すごく大事なことですね。


人との出会いを大切に、この夏も頑張ります!

でも今日は雨、15度。夏の気温じゃない...

「頑張るときはいつも今」

08/05/2017

サッカービジネス。

バルセロナに所属してたネイマールというトップスターの、パリ・サンジェルマン移籍。

違約金が2億2200万ユーロというだけでもとんでもないことだけど。

世の中のものに価値や値段を付けるって本当に難しいことだなって思います。

むしろ、パリ・サンジェルマンというクラブが、単純に1人の選手を使って、2億2200万ユーロ以上の収益を上げるのかどうかに興味があります。

だってそれが成立しなければ、わざわざこんな高額払って獲得しないはずですもん。

だって、アレ(ネイマール)が欲しい!という子供みたいな感情だけで支払う額じゃないはずですから(じゃないと信じたい)。


いずれにしても、この世の中は需要と供給で成り立っている世界。

パリに需要があり、ネイマールにはその価値があるのだからしょうがないことです。

バルセロナだって元々は、サントスから同じ目的でネイマールを獲得したのだから。

そして事実、今回得た2億2200万ユーロで、新しい選手を他のクラブから獲得するのですから。

主力選手の引き抜きの話ですから、それはこの後もずーっと玉突き移籍を引き起こすはずです。

それくらい、世界のサッカー界に衝撃と影響を与える移籍になることは間違いありません。

新シーズンに向けて(ネイマールが写っている)準備したポスターやらスポンサーグッズやらは、全て差し替えです。

それをクラブスタッフという立場からすると、想像もしたくない作業です。

スポンサーさんからしても、それ(ネイマールの広告起用など)を計算に入れての契約はいくつもあったでしょうから。

新しくネイマール抜きの撮影も必要になるでしょうし(場合によっては準備していたかもしれないが)、新しく獲得するネイマールの後釜選手が決まってから差し替え写真を撮ったりするかもしれない...

いずれにしても、いろんなところが振り回されることになりますね。


天文学的な金額の移籍劇なので、傍観するしかない出来事ですが。

ヨーロッパで起こったこの衝撃的な事件には、コメントしたくなってしまいました。

まあ、いいです。

ボクはフォルトゥナに集中しましょう。

フォルトゥナは明日、アウェーでアウエというクラブと対戦です。

侮れない相手、だからこそ全力で頑張ってきてもらうのみ。

(心の中で十分なので)応援よろしくお願いします!

「頑張るときはいつも今」

08/01/2017

開幕から激闘。

フォルトゥナがついに開幕戦を迎えました。

相手は昨季3位のブラウンシュヴァイク。

25000人以上の観客が詰めかけた試合は、取りつ、取られつ、取られつ、取りつの白熱した展開になりまして。

最後は2-2で引き分けとなりましたが。

勝ちたかったですが、、、この結果は納得です。

期待できる点と、課題も見える試合ということでしたね。


とにかく、、、

熱い熱いドイツサッカーの日々が始まりましたね。

なんか子供みたいに、ウキウキしてます。

とにかく、良いシーズンになりますよーに。

「頑張るときはいつも今」