ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
仕事

09/24/2018

スカパーで解説を担当します。

ドイツは急激に寒さがきつくなってきました。

今朝の車の温度計は9度を指していましたから、油断出来ない冷え込みです。

先週に3日だけ30度近く上がった日があっただけに、体調管理に気を付けないといけないですね。


そんな中ですが、今週はフォルトゥナの試合が2試合予定されています。

まずは水曜日の夜にホームでバイヤー・レバークーゼンと対戦。

そしてその3日後の土曜日にはアウェーで1.FCニュルンベルクとの昇格クラブ同士の対決が控えています。


レバークーゼンはデュッセルドルフから最も近いブンデスリーガクラブ。

相手はCLやELの常連でドイツでは強豪クラブの1つでもありますが、一方ではフォルトゥナにとってはライン川沿いのライバルクラブでもありますので。

ここはプライドを懸けて戦うことになります。


そしてニュルンベルクは、今回2部から一緒に昇格を決めたクラブ。

ご存知の通り、久保裕也選手がKAAヘントからレンタル加入したことでも知られていますが、これにより宇佐美選手との日本人対決ということにもなります。

過去には長谷部選手や清武選手も所属していたことがありますし、古豪クラブの1つです。

そんな注目のカードの試合にて、有難いことにゲスト解説を務めさせていただくことになりました。

スカパー:18/19 ブンデスリーガ1部 第6節 ニュルンベルク×デュッセルドルフ

試合のメイン解説は鈴木亮平さんが務めることになりますので、ボクはゲストとしていろいろな裏話も盛り込んで話させていただければと思っています。

可能な限り面白い放送になればと思っておりますので、有料放送ではありますが、スカパーをチェックできる皆さんは、是非ともよろしくお願いいたします。


まずはレバークーゼン戦で勝ち点を奪い、この一戦に挑めれば最高です。

そして願わくは宇佐美選手がチャンスを掴んでくれれば。

とにかく、楽しみです!

「頑張るときはいつも今」

06/10/2018

中央大学で講義。

2年前から客員企業研究員を務めさせていただいている中央大学。

今回の日本滞在では、この中央大学で2コマの授業を担当させていただいてきました。

具体的にはこんなテーマの講座です。

- Jリーグサッカービジネス最前線
- ビジネスチャレンジ「サッカークラブ経営」

ボクは日本人として海外のクラブで仕事をしているので、この経験や知識、情報はどんどんだしていきたい。

それを、願わくば、これからを担う若者たちに、と思っています。

もちろん可能な限り色々なところで情報発信をし、日本サッカーの発展に貢献したいので、可能な限りどんなところへも行きますし、色々なところで“伝える”役目を担っていきますが。

ボクの考えではSNSと一緒で、いいものは色眼鏡なしで取り込み、拡散し、さらに発展させてくれるのは、やはり若者ではないかと。

未来がまだよく見えていない、でも大きな希望に溢れている若者。

まだ色に染まっておらず、柔軟性があり、大きな理想を持てるのも若者。

だから彼らとの交流や、彼らに伝えることを怠らずにやっていきたいと思っています。


今回の講座では、1年を通じて様々なJクラブの方々にも登壇いただき、そして様々なクラブの話をしていただいています。

学生らがそこからどんなことを学べるのか、というのは、単にクラブが出してくれる情報だけではないはずです。

もちろんそこも、きっと余りあるくらい貴重な情報であることは間違いありませんが。

話す内容はそのクラブに任せているとのことですが、そうすることでクラブのこの講座への対応も学生らが比較できてしまいます。

そういう部分も含めて、Jリーグクラブを知ってもらう機会になればと思いますし、そういう日本のプロクラブと、ボクの話を比較することで、外国のクラブとの比較ができるという視点も持ってもらいたいですね。


いずれにしても、ボクが学生の頃にはこんな機会は全く皆無でした。

だからこそとても羨ましく思いますし、是非ともこういう機会を真剣に捉えて、将来に活かしていってほしいですね。


ちなみに学生の方々からのフィードバックを読みながら思うこと、それは、こちらが伝えようとしている部分と、彼らが強く感じ取る部分は、必ずしもイコールにならないときがある、ということです。

それはボクのスキルの部分もありますし、そういうことに大きな関心を持つのか、というボクにとっての発見だったりもしました。

学生の皆さんから学ぶことも、まだまだたくさんありそうです。

これからもこういった機会を大切にしていこうと思います。


中央大学関係者の皆様、誠に有難うございました。

今後ともよろしくお願い致します。

「頑張るときはいつも今」

04/05/2018

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征最終日。

いよいよこの遠征も最終日です。

お世話になったホテルをチェックアウトし、向かった先はフォルトゥナのユースアカデミー。

今回のドイツ遠征ではこの施設でトレーニングを3回行い、別のクラブとのテストマッチもやらせてもらいました。

そしてその最後に、このクラブのチームといよいよ対戦する予定になっていまして。

ここまで2試合でまだ得点を決めることができていないルーヴェンとしては、勝利とともに初ゴールも目指してキックオフ。

Img_0005


試合はいきなり開始早々に失点してしまう立ち上がり。

しかしルーヴェンも初得点を目指して反撃に出ます。

グランダーのマイナスのクロスをドフリーでシュートするも、フォルトゥナのGKのファインセーブに阻まれ、なかなか得点を奪えません。

Img_0007


チャンスは作るも決めきれないと、ビルドアップのミスからピンチを作る、という展開が続きます。

Img_0012


すると、コーナーキックのこぼれ球をペナルティエリア外から振り向きざまにGKの頭上に決められて、2点目を奪われることに。

この年代であんなゴールを決めらるなんて、世界は広いです。

それでもルーベンも意地を見せると、前半のうちについにこの遠征初の得点となるゴールを決めることに成功します。

Img_0010


しかし後半に入り、決定機を決めるフォルトゥナに対し、なかなかチャンスを活かしきれないルーヴェンの展開が続きまして。

せっかく1-2で折り返したのですが、最終的には2-5でタイムアップとなりました。

それでもこの大会を通じて2得点を決めることはできたことは、きっと彼らの自信になったことでしょう。

そして試合の後は、今回何度も食事でお世話になったBar95でパシャり。

Img_9991


これでこの遠征で思い残すことは、、、、

あります、あります。

このデュッセルドルフでサッカーと言えば、フォルトゥナの宇佐美選手&原口選手ですよね。

ということで昨日試合をしたばかりのトップチームの練習を訪問しまして。

無事にみんなで一緒に写真を撮ってもらうことができました。

Img_9996_2


これで本当に思い残すことはなし。

みんな、思い出とお土産をたっぷり詰め込んで、デュッセルドルフ空港を飛び立っていきました。


1週間という期間のドイツ遠征でしたが、14歳15歳の中学生らにはどんな7日間だったのでしょう。

五感すべてを全開にして、いろいろなことを感じる日々だったことを願っています。

明日からはまた通常の日本での生活が待っているわけですが、その日々に少しでも影響があるようであれば、この遠征にも意味があったということができるでしょう。

また彼らと出会ったとき、今回の遠征の話ができればいいなと思います。

群馬の温泉で、心身ともにリフレッシュしてくださいね。

何れにしても、1週間、みんなお疲れ様でした。

SETAGSチーム

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征6日目。

6日目は朝から電車に乗ってケルン観光へ。

普段はバス移動していたのですが、今日は電車を乗り継いで行くプラン。

電車のホームで外国を感じるのもまた、新鮮な感覚です。

ケルン大聖堂は、特に説明要らずですよね。

この迫力ですから。

Img_9965


ここで“I LOVE ケルン”パーカーを買った子がいましたが、これはのちにデュッセルドルフで着て歩いていて、色々な人に突っ込まれることに。

Img_9927


実はデュッセルドルフとケルンは、町同士がライバル関係にありまして。

だからそれはタブーなんですよね。

まあそんな大袈裟なことじゃないんですが、いい感じでドイツ人にいじられてました(笑)

そんなこんなでデュッセルドルフに戻った面々は、U19デュッセルドルフ国際サッカー大会に向かいました。

毎年、全日本サッカー高校選抜が出場している大会なのですが、今年はその高校選抜が決勝進出を果たしていたんです。

Img_9937


ちなみに今回の高校選抜には、全国制覇を果たした前橋育英高校の選手も数人選ばれていて。

ルーヴェンの選手たちにしてみれば、群馬の選手たちが世界を相手に決勝を戦うのを見に来たわけで。


その高校選抜とドイツの名門ボルシア・メルヒェングラッドバッハの決勝戦は、それはそれはもう、激戦でした。

ボルシアが強烈なミドルシュートで先制すると、高校選抜も技ありのシュートで追いつき。

後半に入ってPKを獲得した高校選抜が勝ち越しゴールを決めて、結局これが決勝ゴールとなりましたが。

Img_9966_2


最後はドイツ人のパワープレーを、高校選抜が全力で跳ね返すという見応え十分な内容でした。

タイムアップの笛が鳴った瞬間、観客からも大きな拍手が巻き起こっていましたが、それだけ緊張感のあるいい試合だったということだと思います。


ルーヴェンの選手たちも、そんな激闘の目撃者となりました。

しかもこの選抜チームのキャプテンを務め、決勝戦では同点ゴールを決めて、最終的に大会のベストMFに選ばれた田部井選手は、前橋育英の選手ですから。

Img_9967


ルーベンの選手たちも、いつかボクもここで、と思ってくれていればいいのですが、果たしてどうだったでしょう。

さあ明日は、この遠征最後のテストマッチ、Fortuna Düsseldorf U14戦です。

そしてそれが終わったら、トップチームの見学に行って、そして夜に帰国となります。

最後まで、集中していきましょう。

今日も、お疲れ様でした。

SETAGSチーム

04/02/2018

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征5日目。

ドイツ生活も5日目、時差ボケはもうありません。

今日はこの遠征での2試合目となるRWエッセンとの親善試合。

天気はあいにくの雨で気温も下がってしまいましたが、試合へ向けた士気は高めていきます。

Img_9876


相手はU14とU15のミックスチームだったようですが、身長や人種も様々、まさに外国のチームといった感じ。

Img_9889


試合は開始早々に失点してしまう立ち上がり。

それでもルーヴェンも少しずつチャンスを作り始めます。

それでも前線でボールは持てるのですが、最後の崩しが課題のルーヴェン。

Img_9887


おととい対戦したBayer Uerdingenよりは技術がありますが、前に来るスピードはそれほどないので、ルーヴェンの選手たちも果敢に挑んでいきます。

Img_9892


後半に入ると180cm近い選手が次々に投入されてきて、ルーヴェンが押し込まれ始めて。

危険なシーンを作られますが、ルーヴェンも必死のディフェンス。

それでもビルドアップからサイドをうまく経由され、最後はうまく崩されて2失点目。

その後は相手のハイプレッシャーをなかなか攻略できず、そのまま試合は0-2でタイムアップに。


ドイツでの2戦目は黒星となりましたが、これを経験するために遠路はるばるやって来たのですから。

相手の子たちは日頃からブンデスリーガのアカデミーチームたちと切磋琢磨するエリートチームの1つですからね。

ルーヴェンの選手たちも、そういう環境でプレーする選手たちを肌で感じることができて良い経験になったと思います。

さて明日は、まずはケルン観光に向かいますが、その後はデュッセルドルフU19国際サッカー大会を観戦にいく予定です。

全日本高校選抜が準決勝進出を決めていますので楽しみです。

日本の高校生たちが、世界の強豪を相手にぶつかっていく姿を、ルーヴェンの選手たちもしっかりと見て来てほしいですね。


ちなみに今日のシメはライン川沿いをランニング。

Img_9888



高崎の烏川に似ていたかどうかは、人それぞの感じ方次第、ですね(笑)

今日もお疲れ様でした。

SETAGSチーム

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征4日目。

ルーヴェン高崎U15ドイツ遠征の4日目はUnterrathというチームとテストマッチの予定でしたが。

前日に選手が怪我と体調不良で集まらなくなってしまった、という連絡が入り、急遽キャンセルに。

ドイツまで遠征に来て、前日に試合がなくなってしまうのは本当に申し訳ないですが、選手が揃わないチームと試合をするわけにもいかず...

ということでコーチにもご理解いただき、この日の午前中はトレーニングに変更。


そして午後は、気持ちを切り替えてブンデスリーガ観戦へ。

試合はバイヤー04レヴァークーゼン vs. FCアウグスブルク。

ドイツ代表も所属するレヴァークーゼンはドイツの強豪クラブの1つ。

4万人収容のスタジアムで、人生初のブンデスリーガ生観戦です。

Img_9844


Img_9854


試合は0-0で終了となりましたが、その中ではビデオ審判の判定により、ゴールが取り消されるというシーンを目撃。

これが今後世界のトレンドになっていくのですが、その最新のシステムを生で体験することとなりました。

Jリーグとは違う、本場のサッカーを生で観戦し、子供達にとっても多くの刺激になったのではないでしょうか。


そしてこの日の夜は、ホテル近くのギリシャ料理レストランへ。

デュッセルドルフでも美味しいと有名なレストランで、ドイツにいながら少しまた違った雰囲気のお店で、ギリシャ料理を堪能しました。

Img_9864


Img_9867


ヨーロッパに来れば、ドイツだけでなく、その周辺諸国の空気を感じることもできるんです。

それが陸続きの良さだったりもしますね。


さて、明日はRWエッセンとの試合が待っていますので、今日はしっかり準備して休みたいと思います。

今日もお疲れ様でした。

SETAGSチーム

04/01/2018

U19デュッセルドルフ国際サッカー大会。

今週の木曜日から、デュッセルドルフでU19の国際サッカー大会「CRB U19 Champions Trophy」が開催されており、今年も全日本高校サッカー選抜が出場しています。

弊社はこの日本デスクを担当していることもあり、大会をサポートしております。

オランダからドイツ入りした高校選抜チームが、大会のスポンサーになってくださってすでに3年目を迎える東洋タイヤヨーロッパを表敬訪問しました。

Img_5439


また東洋タイヤヨーロッパは同時にフォルトゥナの腕スポンサーを務めてくれていることもありまして。

日本代表から戻ったばかりの宇佐美選手と原口選手も、激励に駆けつけてくれました。

Img_5448


この激励もあり、高校選抜は初戦のスタンダール・リエージュ戦に2-0で勝利しました。

続くエバートン戦では先制を許す苦しい展開も、終了間際に気持ちで同点ゴールを奪い、戦う集団であることを示しました。


写真提供:Jo Kawano

82c5531a3a4048de84e72b03cb6d7c8d


また一方、フォルトゥナU19チームも奮闘していますが。

こちらは初戦でボルシアMGに1-2の惜敗をし、2戦目でレギア・ワルシャワに1-0の勝利をするも、3戦目でUSサッスオーロ・カルチョに0-1で敗れまして、苦しい展開にはなっています。

ちなみにこのチームに所属しているシンタ(アペルカンプ真大)はここまで3試合すべてに出場しており、奮闘しています。


写真提供:Jo Kawano

1bf96b27d1af4713af097297622f5148


大会はイースター期間に行われており、日曜日、月曜日と続きますので、フォルトゥナも高校選抜も最後まで結果を求めて頑張ってほしいと思います。

ちなみにこの大会はオンラインで視聴できますので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。


SETAGSチーム

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征3日目。

ドイツは先週までの寒波が嘘のように、春の陽気に包まれるようになって来ました。

天気も良くなり、夏時間に切り替わったことで日も長くなってきているので、とても過ごしやすい気候になってきました。

そんなルーヴェン高崎のドイツ遠征3日目は、午前中に宇佐美選手&原口選手所属のフォルトゥナ・デュッセルドルフの練習見学にいく予定でしたが。

前日にこの練習がオフになってしまったため、急遽ルーヴェンが練習をすることに。

急ではありましたが、今日もフォルトゥナのユースアカデミーの施設を使わせてもらいまして。

アカデミー専用スタジアムの横で。

Tk2_5675


ドイツの地でもやることは変わりません。

本間コーチの指導のもと、しっかりとトレーニングを積んでいます。

Tk2_5790


Tk2_5932


そして午後は楽しみにしていたドルトムントのスタジアム見学へ。

日本代表の香川選手が活躍するこのクラブは8万人収容のスタジアムが毎回満員になります。

Tk2_6072


ピッチサイドまで降りると、その大きさが実感できて感動もひとしおです。

ルーヴェンの選手たちも大興奮。

Tk2_6133


そしてこの見学ツアーが終わった後は、スタジアム横のレストランへ。

ここではグリルを用意してもらいまして。

Tk2_6195


Tk2_6217


こうしてお腹いっぱい食べて、ドイツ人が大きい理由(?)もしっかり体感し、遠征3日目を終了しました。

明日もこんな天気が続けばいいですね。

今日もお疲れ様でした。

SETAGSチーム

03/31/2018

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征2日目。

朝はあいにくの天気でしたが、徐々に雨も上がり、太陽も覗いた2日目。

午前中はフォルトゥナユースアカデミーの練習場を借りてトレーニング。

Tik_0015


宇佐美&原口の加入以降、2部リーグ所属のクラブながら、日本でも注目を集める存在になりつつあるクラブです。

選手たちももちろん2人の日本代表選手たちのことはしっかりと認識しているし、そういう選手たちが所属しているクラブのグラウンドを借りれることを自覚しながら。

この日の午後に控える最初のテストマッチに向けて、しっかりと体を動かしていきます。

Tik_0008


そして腹ごしらえを済ませた面々は、いよいよ夕方、最初のテストマッチに向けて出発。

相手はバイヤー05ウーディンゲンというクラブでしたが、ここにはいくつサッカーコートがあるのだろうというくらいたくさんグラウンドがありまして。

さらに室内体育館や陸上施設、ビーチバレーコートなど、様々なスポーツが行える、まさに総合型スポーツクラブ。

そんな理想郷のようなクラブを相手に、自分たちのサッカーを試すときです。

29573237_1734684763256597_649280185


試合は相手が終始試合を優位に進める展開となり、何度も危ないシーンを作られましたが。

それでも最後のところでしっかりと守って失点は許しません。

29694681_1734684513256622_643276315


ルーヴェンも少ないチャンスを何とか活かそうと果敢に挑みます。

29597571_1734683989923341_537264733


中には大人と子供くらい身長が違う選手もいましたが、そういう経験をするためにドイツに来たのですから。

決して気持ちで負けるわけにはいきません。

29570300_1734684933256580_179684584


それにしても本当に大きい...

29572676_1734684753256598_659400151


結局最後まで集中を切らさず戦ったルーヴェンは、得点こそできないも、失点も許さず。

最初のテストマッチは0-0となりました。


相手はとても強かったですが、それでもしっかりと守りきれたことは、彼らにとっても大きな自信になったのではないでしょうか。

とにかく、外国の地での最初の戦いでは、しっかりとルーヴェンの意地を示すことができたのではないかと思います。

この後に続く試合に向けて、またしっかりと心身ともに準備してほしいですね。

選手の皆さま、お疲れ様でした。

SETAGSチーム

03/30/2018

ルーヴェン高崎U15のドイツ遠征がスタート。

今年で2回目となるルーヴェン高崎U15のドイツ遠征がスタートしました。

Tk2_4931


このクラブでは数年前からフォルトゥナの出張サッカースクールを実施させていただいてきていることもあり、子供達にとって「ドイツサッカー」が普通よりは身近に感じてもらえているはず。

それでも実際にドイツに足を踏み入れ、ドイツの空気を感じるのはまた全く違う感覚になるはず。


20度を超える日本から、10度を下回るドイツにやってきたので、ちょっと寒さに驚いたかもしれませんが。

それでも今回何度かお世話になるホテル近くのサッカークラブのレストランで腹ごしらえをして。

Tk2_4963


Tk2_4967


明日は早速この遠征最初のテストマッチが待っていますので、それに向けて準備しなくちゃ。

まずはしっかりと時差ボケを取ること、そしてドイツの空気に慣れることですね。


とにかく14歳、15歳という年齢でこんな経験ができることが羨ましいです。

ホテルにこもってWifi拾って携帯ばかりいじらないように。

いろいろなことを感じる機会にしてほしいなと切に願っています。

皆さん、頑張っていきましょう!

SETAGSチーム