松岡康暢 OFFICIAL BLOG

Yasunobu Matsuoka [soccer Jr.coach]

MR12 SOCCER SCHOOL COACH
Birthday : 1986/5/2
Hometown : Osaka Japan
2015年8月

2015/08/26

MR12CUP U-9

8月22日(土)にランブレッタで、初めて少年の大会を開催しました。

天気は最高!
まずは5人制のフットサルからスタートです。

小さな選手達は、夢中でボールを奪い合い、

ゴールを目指しました。

フットサルの次は、MR12サッカークリニックです。

僕の方では、予測と判断を含んだドリブル練習。

太陽コーチの方では、2人組でのコンビネーションシュートを行いました。

みんな、とても真剣に取り組んでくれ、『もっと上手くなりたい!』という気持ちが伝わってきました。

クリニックが終わると今度は、フットサルコートを2面繋げてのサッカー大会です。

選手たちは、大きなコートを縦横無尽に駆け回りました。

味方に大きくアピールをしてボールを引き出し、貪欲にゴールを目指しました。

その中で、たくさんのゴールが生まれました。

選手たちは笑顔一杯に喜んだり、体一杯に悔しさを表現していました。

最後は表彰式です。

全員お揃いのTシャツは今大会の参加賞です。
大名にあるTシャツSHOP『hachi』に協賛を頂き、チーム名入りのTシャツをプレゼントしました。

これには、選手たちも大喜び。
追加で注文したい!という声もありました。

皆さんも是非、気軽に立ち寄ってみてくださいね。


そして、栄えある今大会の優勝チームは…

那珂南FC。

圧倒的な強さと上手さでこの大会を盛り上げてくれました。

優勝賞品は、家長選手の直筆サイン入り色紙です。

那珂南FCさん、おめでとうございました!

今大会を通して僕が感じた事は、本当にみんなサッカーが大好きやな!という事です。

サッカーが好きやから、勝ちたい。
勝ちたいから上手くなりたい。
上手くなりたいから練習する。
この良いサイクルが選手たちの中にあるから、今大会では、キラキラした目で自己主張のできる選手がとても多いな、と感じました。

今後も継続的に少年の大会も開いていき、みんなで一緒に夢を育てていこうと思います。

2015/08/20

家長選手がやってきた!

大宮アルディージャで大活躍中の家長選手が、MR12サッカースクールに来てくれました。

家長選手は、積極的にスクール生と関わってくれ、個別にアドバイスをしてくれました。

最後のゲーム前にはスクール生に
「勝ちたい?じゃぁ今から何点入れる?」
と問いかけていました。

それを受けて、スクール生は「3点!10点!100点…‼︎」と様々な答え。
それぞれの目標に向かって、全力でゲームに取り組みました。

高学年クラスでも家長選手は大人気。

高学年クラスでは、個別のアドバイスに加えて、全体に向けてもプレーのポイントや練習に取り組む姿勢の部分のアドバイスをしてくれました。

その中で一番印象に残っているコトバは、『自分のプレーに拘る』という事です。

家長選手はスクール生に対して、しきりに「何点決めた?」「何回シュート打った?」「何回1vs1で勝った?」と問いかけていました。

練習中の1回1回のシュートチャンスや1vs1の場面で、どれだけゴールに拘れたか、どれだけ勝ちを目指せたかをスクール生に問いかけていました。

「やっぱりサッカーをしていて『楽しい!』と感じるのは、ゴールを決めた時や勝負に勝った時でしょ?
だから、もっともっと自分のプレーに拘ってプレーしようぜ!
何回失敗してもいい。大事な事は挑戦すること。
一杯練習すればどんどん上手くなる。
上手くなれば、もっとサッカーが楽しくなるから。」
と、スクール生にメッセージを送ってくれました。

また会えた時には、更に成長した姿を見てもらいたいね。

家長選手!ありがとうございました。

解説。

ロアッソ熊本vsギラヴァンツ北九州の解説をしてきました。

ポゼッションをしながらゴールを目指す熊本に対して、引いて守りを堅め、カウンターを狙う北九州。

熊本は試合の主導権を握りながら11本のシュートを放ちましたが、ゴールには届かず、逆に一本のカウンターで1点をものにした北九州が鉄壁の守りを最後まで貫き、1-0で北九州が勝利をおさめました。

当日は全力で挑みましたが、家に帰って映像で振り返り、客観的に自分の解説を聞いてみると課題がたくさんありました。

次の10/10の大宮戦までに、もっと視聴者の皆さんにサッカーの魅力や選手達の迫力溢れプレーを伝えられるように勉強していきたいと思います。

次回もよろしくお願いします!

2015/08/10

安田選手がやってきた!

MR12サッカースクールに安田選手が来てくれました。

安田選手は、スクール生に対して個別にアドバイスをしてくれたり、

快く写真撮影に応じてくれたり、

一人一人に丁寧にサインも書いてくれました。

そんな安田選手の前でスクール生は、時には笑顔を浮かべながら、でも勝負の瞬間にはとても真剣な表情で練習に取り組みました。

最後には安田選手がスクール生へ、熱いメッセージを送ってくれました。

みんな利き足だけじゃなくて、逆足の練習もどんどんしていこう!
そして、もっともっとゴールへの意識を強く持っていこう!

右でも左でもどっちの足でもゴールを決められる選手は、相手にとって恐い選手やで。

みんながどんどん上手くなって成長して、相手にとって恐い選手になった将来、同じピッチでプレーできる日を楽しみにしてるよ!

安田選手、夢のカケラをMR12サッカースクールに置いていってくれて、ありがとうございました!

2015/08/09

真侍CUP

先日行われた真侍CUPはめちゃめちゃ盛り上がりました。

心配された台風の影響もほとんどなく、
猛暑の中での開催となりました。

途中、瞬間的な大雨に見舞われましたが、参加者の皆さんにとっては『恵みの雨』となったようです。

大会の雰囲気はとても良く、スーパーゴールにはみんなで拍手を送り、珍プレーにはみんなで笑い合い、ゴール後には前転宙返りのパフォーマンスも飛び出しました。

時折、激しいプレーもありましたが、そんな時には「ごめんなさい。大丈夫ですか?」と手を取り合うシーンもあり、とても温かい大会となりました。

そんな中、大会を制したのは…Ambi。
男性女性のミックスチームでズバ抜けたテクニックで大会を盛り上げてくれました。

優勝賞品は、飯屋真侍の全額無料飲食券。
そして、ダンガミさん提供のワイン3本。
そしてそして、キリンビール1ケースにグラス10個。

準優勝は、長谷ダムFC。
テクニックと運動量、そしてパワフルさを持ち合わせた学生チームです。

賞品は、飯屋真侍1万円分のお食事券。

そして、まだあります。
2位リーグ優勝は、フルール。

イケメン揃いのシャキシャキチームです。

賞品は、ワイン1本。キリンビール1ケースケース。フットサルボール1球。

まだまだあります!
最後は、3位リーグ優勝のFC ACN。

こちらは、MR12CUPにもよく参加してくださっているフットサル大好きチームです。

賞品は、ワイン1本。キリンビール1ケース。フットサルボール1球。

大会はもちろん、賞品の多さや、その後 飯屋真侍で行われた打ち上げまで。
参加者の皆さんはこの一日を通して、真侍CUPをとても楽しんでくれました。

そして、チームの枠を越えて横の繋がりができ、参加者のたくさんの笑顔に出会えた事を僕はとても嬉しく感じています。

MR12CUPはもちろん、真侍CUPも毎月開催していきますので、皆さん是非、遊びに来てくださいね。

☆真侍CUP☆

☆MR12CUP☆

2015/08/05

癒し♪

ウナギの後は、山へ。

目の前に広がる絶景を眺めながら、カフェ☆

最高の癒しでした。

2015/08/04

ん〜ん‼︎
鰻の香ばしい香り。

最高やね!
白焼きはワサビ醤油で。

キモ串は一口で。

そしてこれは、開けてビックリ玉手箱!

どこまでもホックホクのせいろ蒸し蒸しは、めちゃんこ美味かったで!

元気モリモリです。