宇留野純 OFFICIAL BLOG
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

Jun Uruno [soccer player]

Ubon UMT United F.C. / MF / 25
Birthday : 1979/10/23
Hometown : Saitama Japan
2015年6月

2015/06/29

move on.

illustration by めがね屋本舗0-0、


さて、現在はといいますと

毎日gymやプールなどでトレーニングに励んでおります

でもトレーニングを毎日続けているということは、再びチャレンジをするつもりなのか

ただ単に、立ち止る事が出来ないのか

それとも辞める勇気がないだけなのか

自分を問いただし、自問自答を繰り返しても答えはみつからない、、、

いや、実際そんな事はどうでもいいのかもしれない

理屈ではなく、トレーニングを続けているという事実、、、それが答えなのかもしれません

move on

立ち止まっていても、日はまたのぼりくりかえすわけで、、、

ん、どっかで聴いた歌詞


とりあえず

今日もプールトレーニング




urujun.

2015/06/24

big problem.

今、タイでは移籍のウィンドウがオープンしています

再びこの国でプレーしたいのであれば7月の下旬までに新たにプレーするクラブを探すことになる

実際、自分の周りにも色々な情報が飛び交っているしね

ただ、現在様々な問題を抱えている自分

それも一つや二つではない

ストレスにはかなり慣れている自分にも、大小様々な問題が全ていっきに来られると、さすがにあれだよね

今はそれを乗り越え問題を解決し、またひと回り成長できるよう努めるだけなのか

成長ってより忍耐力アップだな、、、

まずは問題をクリアにすることが先決で、その後のことはそれから



以前にも伝えた様に自分は前所属クラブから放出された

This is football.

これに関しては全く問題ない

この年齢までサッカーを続けていると何度か同じ経験はしてきた

ただ今回は、その後のクラブの対応がスマートではない

ここではなかなか書く気にはなれないけど、ただただ呆れてしまう

自分自身この地でのプレーは3シーズン目となるし、ある程度は想定出来ていたつもり

そもそも日本ないしJリーグとは比べてはいけないものだとも理解している

当然それら全てを承知したうえで、この地でプレーしていましたが、今回はその免疫をはるかに上回り想定外である

この国もそうですが、最近のFIFAの汚職事件でもわかる様にサッカー界にも汚い部分が渦巻いているのは明らかです


おまけに現在、自分自身の今後についても色々と問いただしているわけで

そういう時期なんだろうか

まぁそれに関しては今に始まったことではないですが

ただ

現在の滞在地のベランダから見える景色を眺めていると

自分の思いなどちっぽけだなと思わせてくれる

物事は考えや捉え方によって変わってくる

人は誰もが少なからずストレスや悩み、不安を抱えながら生きているのだと思う

悩みやストレスのない人生なんてあり得ないし、逆に全てが常に上手く人生なんてつまらないかも

まぁとにかく健康な身体さえあれば、何に対しても立ち向かっていける

自分の健康な身体に感謝しつつ

とりあえず

今日も激走




urujun.

2015/06/07

なるようになる

久しぶりの焼き肉ランチです

やはり日系の焼き肉屋はクオリティが違うね

んで、ここは日本ではないのでレバ刺しが食せます

最高に美味しいです

ただ食べるのであれば自己責任ですが、全く問題ありません

他にもユッケやセンマイ刺しなども食べれます

日本はちょっと色々と厳しいよね
まぁしっかりしているという事なんだけど

外にでていると、たまにそんな風に感じてしまう時もあります

まぁまぁ

そんな事より、肝心の私のほうはというと
まだ何も決まっていませんね

loanで移籍という予定でしたが、前クラブとは契約を解除したいというのが自分の希望です

その話しがまとまってないので、どうにもならないのが現状です

結局は、なるようになるのだし、やることはやり時の流れに身を任せましょ

てな感じです


ではまた





urujun.

2015/06/06

カオパン

あら、2日続けての更新なんて珍しい

ただ単に、前回の記事にネガティブな要素が含まれいるのでトップの記事を変えときたいとか、そんなくだらない理由ではありませんよ

まさかねぇ

、、、、、

たぶんだけど

そう、なんだと思います

まぁまぁ、そんな戯言はどうでもいいのですが

今回もそれなりの別れがありました、、、

カオパンです

ウボンではホテル暮らしをしていましたが、そこのスタッフが飼っていたワンコです

仔犬の頃から毎日のように顔を合わせ、遊んでいました

若干退屈だった田舎での暮らしに癒しを与えてくれ

ときに、フジコさんと会えない寂しさをうめてもらったりと、、、


⬆️の写真は子供の頃で

現在はこんなに成長した

でも

もう会えないのかな

そう思うとなんだかあれだよね

ただ飼い主さんは超良い人なので凄く安心です

なんか

以前にも同じセリフをはいた様な気がします

http://blog.lirionet.jp/uru/2012/10/post-58d5.html

これでしたね(2012年、バンコクユナイテッド時代)

とにかくカオパンには今後も元気に育ってもらいたい

因みに、フジコさんは大自然の実家ですこぶる元気に暮らしてますので

もうひとつ因みに、、、

カオパンとは日本語で寿司って意味です

寿司かいっ






urujun.

2015/06/05

go out...

ちょっと報告

loanでクラブから放出されることになりました

この事実を知ったのは、⬆️の記事です

記事で最初に知るなんて、いかにもタイらしい

うちのクラブの外人選手は5人中、自分を含め3人から4人が入れ替わるとの事です

タイの選手も半分くらい変わるみたいです

先日、新しい監督に交代した途端に試合絡めなくなったので、薄々感じてはいました

いや薄々ではなく確実に残れないと確信していました

監督は後期に向けて、既に新しい外人選手を連れてきていますしね

監督が交代したから?

なんか言い訳がましい

自分がクラブ残れなかった事、現在のチームの低調な成績を何かのせいにしたり、言い訳を言ったりするのは簡単な事で、、、

いやいや、それでも正直、言いたい事は山ほどありますが(笑)

でも、ちょっとその矛先を自分に向けてみると、答えは至ってシンプルなもので

今の現状を招いたのは自分自信の力不足

それに尽きます

このクラブは1年で必ず上のカテゴリーに昇格するという明確な目標があり、その為にはなんでもするし、お金だって惜しみません

ただ、それにより勝利に対してのプレッシャーがもの凄く、現場はいつもピリピリしていました

ちょっとでも躓けば、監督を代え、また駄目なら再び監督を代え、それで駄目なら次は外国人選手を代える

実際、現在の監督は3人目です

それは、このクラブのやり方だということは自分も理解し、承知のうえプレーしていた

因みに、15試合中14試合に出場し3得点、、、普通です

外国人として普通では駄目

先日、いつもの様に練習に行く準備をしていたところ1つのメッセージがクラブから届きました

『もう、練習に来る必要はない』と、、、

前期残り2試合を残して

いやーはっきりしていてストレートでわかりやすい

この国の、そういうとこ意外に好きかもしれません

ただ、毎日一緒にプレーしていた選手やスタッフの人達に挨拶すら出来なかった事がちょっとあれですね

本当にサッカーの世界は出会いと別れが多いなーと

ちょっと寂しい気持ちにもなります

でも、そんな感傷に浸っている暇はなさそうなのでね

さてさて

次はどうなるのかな

ちょっと楽しみかも

さらば、ウボンラチャタニー

good luck



urujun.