河原 真 OFFICIAL BLOG [Simplicity & Fortitude]
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

Shin Kawahara [musician]

Bassist
Birthday : 1981/4/1
Hometown : Hiroshima Japan

2015/10/19

RGOワンマン決定!!!

12/21(mon.)
河原真 River Groove Orchestra
高円寺 JIROKICHI
open 18時30分
start  19時30分
チャージ 3,500円+1オーダー
※値段は予約、当日共通
予約方法→JIROKICHIのHP予約
問い合わせ
JIROKICHI
杉並区高円寺北2-3-4 高円寺ビルB1
03-3339-2727 (18:00-24:00) ※営業日のみ
メンバー
b.河原真
ds.神田リョウ
pf.大森聖子
vib.吉野智子
tp.古屋ひろこ
tb.枡家小雪
as.山口宗真
ts.新井一徳

2015/08/07

8.6ヒロシマ

今日は8.6ヒロシマ原爆の日。子供の頃から恒例になっている朝8時15分の黙祷。

こうやって当たり前のようにライヴしたりレコーディングしたり、小さなことで悩んだり、感動したり、笑ったり、酒飲んで記憶なくしたり、、できるのも平和のおかげ。

この先、自分の子供にも孫にもその子供にも、戦争や核兵器の恐怖に怯えるようなことがないように強く祈る。

自分の発する音にどれだけの力があるかわからない。が、どんなに微力だろうがその願いを自分の身体に腕に指先に込めて音を出していきたい。音楽を楽しんだり、感動して泣いたり、美しいメロディに大切な人のことを考えさせられたり、強烈なグルーヴに身をまかせたり、その瞬間は世界が平和に近づいていると信じている。ほんの少しかも知れないけど。そんな状況を一瞬でも多く作り続ける。

広島県で生まれたミュージシャンとしてその気持ちを絶対に忘れない。

2015/05/04

River Groove vol.3

河原真が主催するセッションライヴイベント「River Groove」の第3弾が決定しました!!!!!

今回はVibesをフィーチャーしてのアコースティックな編成。JazzやPopsの名曲をアレンジしてお送りします。

そしてスペシャルゲストには憧れの大先輩である平泉光司さん(COUCH,benzo)をお迎えします!!!

さらには河原真がひっさびさにDJもやります!!!!

是非お越し下さい!!!

●2015年5月18日(月)

「River Groove vol.3」

出演:
Bass 河原真
Drums Percussion 望月純
Piano 大森聖子
Vibraphone 吉野智子
※Special Guest 平泉光司(Vo&Gt)

OPEN & DJ START 19:00~/LIVE START 20:00~

CHARGE:前売り¥2,500-/当日¥3,000-(+2drink ¥1,000-)

会場:下北沢BAR CCO(バル シーシーオー/下北沢251/440系列のライブバー)
住所:世田谷区代沢5-32-10ラパシオン下北沢B1F
(問)TEL.03-3414-2444[18:00~]、

※こちらの公演は、cco@club251.co.jp にてメール予約をして下さい。
・席数になり次第立ち見となりますので御了承下さい。
立ち見枠もいっぱいになった場合はキャンセル待ち扱いとなります
・予約メール送信の際は、
件名に:5/18「River Groove vol.3」予約希望
本文に:名前(フルネーム)、電話番号、予約希望人数
を明記して送信して下さい。
cco@club251.co.jp からの返信メールをもって受付完了となります。
※注意:携帯メールの場合など、cco@club251.co.jp からのメールを受信出来るよう
設定しておいて下さい。
受信後、返信メールを遅くても2日以内に送信させて頂きますが、届かない場合は御連絡下さい。
CCO TEL=03-3414-2444(18:00~)

2013/09/27

いつの間にか秋

皆さん、こんにちは!


ただいまBIGNOUNのトラックダウン作業中です!!非常に順調!!

早く聴かせたいっ!!!

2013/05/24

町田Nica's 2回目!

こんにちは。

昨日は町田Nica'sでの2回目のライヴでした!

今回のメンバーは

河原真 acoustic bass

新井一徳 tenor & soprano sax

神村晃司 piano

望月純 drums

というカルテット(4人編成)でした。

セットリスト

前半

There Will Never Be Another You

I'll Remember April

Scrapple From The Apple

I'm Old Fashioned

Out of Nowhere

Shiny Stockings

後半

Airegin

Days of Wine and Roses

Blue Bossa

Bluesette

Straight, No Chaser

アンコール

Confirmation

こんな感じでした!

今回は2回目ってこともありだいぶ落ち着いてできたし、とにかくすごく楽しかった!

ピアノの神村さんはサックス新井くんの紹介で今回共演することになって、ライヴ始まる2時間前に初めて会いました。リハーサルもいい雰囲気だったし、本番でも素晴らしいプレイをして下さいました。

ドラムの望月純くんは3月に彼主催のライヴで共演して以来2回目。彼も素晴らしい演奏をしてくれました。

そんなわけで、人生2回目のジャズライヴとなりました。少しずつだけど、ジャズを演奏する楽しさが深まってきたように思います。本当に少しずつだけど。

もちろん、まだまだジャズの壁は厚くそして高い。一歩一歩やっていこうと思います。

継続は力なり。

「乗り越えた壁はいつか自分を守る盾になる」

って誰かが言ってました。

また町田や他の街でもやりたいと思います。

聴いてる皆さんもこちらのメンバーももっと楽しんでもらえるようになればいいなと思います。

今回、来てくれた方、激励のコメントなどくれた皆さん、本当にありがとうございました!

SHIN

2013/05/04

19

今日、5月3日でベースを弾き始めて丸19年になった。



1994年5月3日、中学二年生になって間もない頃の5月の連休の初日。あのとき確かに自分はベースを弾き始めた。結果的にあの日のあのときがベーシスト河原真の誕生の瞬間だったことは間違いない。


なぜ音楽を?なぜベースを?とかよく聞かれることだけど、理由はひとつじゃないと思う。

友達の影響とか憧れとか、いろいろあると思う。


今になってあの頃のことをよくよく思い出してみると、やっぱり何かひとつ自分の武器が欲しかったのだと思う。これをやらせたら誰にも負けないようなもの心のどこかで求めていたのかも知れない。その背景はいろんな経緯がある。



小学校を卒業して、生まれ育った島を離れ寮生活を始めた。家族と離れて暮らすのは想像以上にキツかった。環境の違いにも翻弄された。寮内での先輩後輩の上下関係も厳しかったし、寮生の指導をされる先生も厳しい人たちだった。寮は学校の敷地内だったし、週末や連休に実家に帰省する以外はずっと学校の中だった。もちろんそのラクではない暮らしの中での経験は今となっては大きな財産だけど、あの当時は地獄にすら思えた。


そんな毎日の中に希望の光が射し込んだ。それが音楽やベースとの出会いだったと思う。


毎日毎日、音楽のことで頭がいっぱいだった。


初めて人前で演奏したのはそのちょうど一年後の学園祭。あの興奮は忘れられない。これをやれば自分は他の同級生や先輩たちよりも輝いていられることを確信したと思う。今思えばただの勘違いだったかも知れない。


ただ、そのあともしばらく続く"勘違いの連続"がその後の人生を大きく変えたことは間違いない。



その後、ますます音楽への情熱はヒートアップしていった。楽器屋で知り合った他校の先輩たちのバンドに入れてもらい、中学を卒業する頃から広島市内のライヴハウスにも出演するようになった。



高校に上がってからもエスカレートする一方。ライヴハウスにはほぼ毎月出演した。一年生の夏、コンテストでベストベーシスト賞を受賞した。翌年のコンテストではバンドでも勝ち上がり、二年生の秋には全国大会で東京に渋谷公会堂のステージにも立つことができた。



この頃にはもう、自分の進む道ははっきりと決まっていたと思う。




高校を卒業したら東京に出てミュージシャンに、プロのベーシストになろうと決意していた。



と、こんな感じでスタートした音楽人生。



昔も今もいろんな人に支えてもらって応援してもらって、沢山迷惑や心配かけて。。。なんとかまだ続けることができてます。いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。




また気が向いたら、このあとの上京した頃の話も書きたいと思います。以前はROCK'A'TRENCHの携帯サイトでコラムとして書き綴っていたのですが、ご存知の通り急遽サイトが閉鎖してしまいましたから。。。続きを楽しみにしてくれていた方もいたし、自分としても途中ヤメになっていて心残りだったので。まあ、あまり期待せずお待ち下さい。




それではおやすみなさい。




20周年まであと1年!!




shin

2013/04/20

BIGNOUN 5ヶ月ぶりのライヴ決定!

Spacetrain4_flyer

Twitterでもお知らせした通り、BIGNOUNの久々のライヴが決定しました!

6月23日(日) 渋谷Glad
Rei Mastrogiovanni presents… “SPACETRAIN4”


というイベントに出演します!



今年アタマに全国ツアーを終え、しばらくBIGNOUNとしてのライヴはお休みを頂いて、メンバーそれぞれ各自のアーティスト活動やサポートミュージシャンとしての活動に精を出していました!


が、今年も夏に向けてBIGNOUNは動き出します!



イベント詳細はこちら→http://bignoun.com
※HPからの前売りチケット予約もできます!
今年の6月で昨年のBIGNOUN初ライヴから丸1年となります。BIGNOUNの結成のきっかけのひとつとなったヤスメイヤーとの出会いは何を隠そうこの渋谷Gladでのジャムセッションでした。そしてそのセッションの主催者は今回と同じレイマストロジョバンニ!!!
初ライヴから1周年というメモリアルなライヴがとても所縁のある会場で、しかも結成のきっかけのひとつを作ってくれたレイくんのイベント!!これは運命的!!
そして、このイベントではスペシャル企画として、出演メンバーによるジャムセッションもあるとのこと!果たして何が起こるのだろうか…
今から楽しみで仕方ない!!!
さらにこの日、FOODも出るみたいで、しかもそれはDALLAXのPE-のポテトサラダ!知る人ぞ知るアイツのポテサラ!!!
そんなわけで、久々のBIGNOUNのライヴ!
どうぞお楽しみに!!!
SHIN

2013/04/14

挽回

おかげさまで首痛もよくなりました。


今日はコントラバスのレッスンを受けてきた。うーん。まだまだ。


首もよくなったので、基礎練習を多めにして挽回していきたい。


練習できない間は、本と映画と音楽に普段より多く触れた。


本は前回のブログで書いた桑田氏の本を読んでます。「心の野球~超効率的努力のすすめ~」ってやつなんだけど、ホントに勉強になる。コツコツと努力を積み重ねる上での精神面での大事なことや、それが開花する法則についてなどを自身の経験に基づいて記さていて、野球の本というよりは、目標に向かって努力している人に対しての道しるべみたいな感じ。もちろん野球ファンとしてもすごくおもしろい。あの1985年のドラフトのことや、清原氏とのことなども興味深い。



映画も何本か観た。


こないだも書いた「ふたたび SWING ME AGAIN」
ジャズバンドのトランペッターがハンセン病を患い50年以上、島の施設に隔離され、世間から差別や迫害を受けながら苦しんで、50年ぶりに退院して当時の仲間を探して、同じくジャズトランペットを演奏する孫と一緒に旅をする。簡単にいうとこんな感じ。渡辺貞夫さんも出演してて、演奏シーンは超シビれる!


あと他に観た映画は

「プリンセス トヨトミ」

「アウトレイジ」

「実録 連合赤軍 あさま山荘事件への道程」


などなど。



自分も先生や先輩によく言われてきたこと、音楽を志すなら、音楽以外の芸術や文化、歴史、言語などもしっかり勉強するべきだということ。


というかね、音楽だけでも世界中に死ぬほど沢山あるわけで、音楽以外も深く掘り下げようとするとリアルに一生かかると思う。


一生かかってもいいじゃん。と思ってるけどね。



技術、感性、知識、経験、どれも欠かせないし。一日を大切に生きていきたい。ダラーっと休むこともときには大切だし。



あ、さっき言語って書いたけど、わたくし数年前からほんの少しイタリア語をかじってて。笑


日本語以外に言語を身に付けたいって思って。そこは英語だろ!っていろんな人に言われたし自分でもちょっと思うんだけど、英語はしゃべれる人沢山いるし、そもそも中学くらいから勉強はサボリっぱなしだったので、ハンデが大きいから、というわけわからん動機。笑 まあサッカー好きだし。



いずれイタリア語でMCやるかな。イタリア語でブログとか。



って誰もわからんわ。笑



ちなみに数年前から毎年誕生日のブログタイトルはイタリア語で年齢の数字です。


知ってた?笑




んなもん知るかい。よね。




イタリアにライヴしにいきたいな。どんなミュージシャンおるんじゃろか。レイマストロジョバンニにイタリアツアー行こーやってゆーてみようかな。






もうこんな時間。




心が広くて、器が大きくて、懐の深い、そんな人間、音楽家になりたい。



思いやりと笑顔も忘れたくない。



ではおやすみなさい。


明日もカープ勝つよ!



SHIN

2013/04/05

視点やスイッチの話

こんなときは本でも読もう!


と思ってます。明日書店に行ってみよう。


元野球選手の桑田氏いるじゃないですか。そう。元読売ジャイアンツの投手の桑田真澄。元々、割と好きな選手だったんですが、WBCで解説してるのを聞いて、なんかいいなと思いました。


その解説を聞いてて思ったのが、自分のベースの師匠の納浩一さんにいろんなところが似てるなーということ。


モノの考え方、クールな視点、野球(音楽)への取り組み方、自己分析やそれを踏まえての目標の立て方などなど。あと、同じ関西人ということもあってしゃべり方も、ついでに声のトーンも似てる気がする。



「150キロなんていらないんですよ。140キロのストレートでもきっちりアウトローに投げれば抑えられるんですよ」


とか


「自分は物凄い球を投げられるわけじゃないから、どうやって打者を打ち取るか工夫に工夫を重ねた」


みたいなところがなんかもうそっくりで。



周りがよく見えてて、自分の長所も短所もしっかりわかってて、プロの世界で生きていくために何が足りなくて、何を伸ばせばいいのかということを必死で考える。



ときに、音楽やライヴも誰かの解説を交えて聴きたいときがあります。CDのライナーノーツとかもそれだけど、なんかもっとミュージシャン視点でしかもリアルタイムで、みたいなのがあればおもしろいかなと思ったり。いつもそうじゃなくていいけど、たまにはでいいんだけど。絶対おもしろいし勉強になると思う。



リスナーとして楽しむために音楽を聴くのと、プレイヤーとして研究するために音楽を聴くのって、聴き方が全然違うと思う。自分もその切り替えはしっかりやろうと心がけている。ミュージシャンにとってその”耳の切り替えスイッチ”を持っておくことはすごーく大事なことだと思う。



ま、そんなこんなで。明日は桑田氏か野村克也氏の本でも買ってみようかな。


痛み止めが効いてるからゆっくり寝れそう。



おやすみなさい。


SHIN


2013/04/04

滑り出し

昨夜ブログ更新した後くらいから痛みが増してきて、全く眠れなくなった。

夜中だし病院もいけないのでYouTubeで、すべらない話を見た。おもしろくて爆笑したら激痛が走った。笑うのもアウトか。


朝になっても状況は変わらず音楽聴くことにしてみた。いろいろ聴いてるうちに自分の過去のレコーディング音源なども聴いた。


その辺を話し出すと長くなりそうなのでまたの機会に。


そのあと病院にいってレントゲンとかも撮ってもらっけど、異常なし。「寝違えのひど~いやつだろうね」と先生に言われた。


自分でも寝違えてこんなに苦しんだのは初めてだったし、ヘルニアとかそういうのだったらどうしようとか、こんな痛みが続いたら音楽人生はどうなってしまうんじゃーみたいに良くないことを想像してしまった。


とりあえず今は痛み止めが効いてるから割とラクです。


6日のライヴまでにはもうちょいよくなるといいけど。



32歳の滑り出しはなかなか悲惨でしたと、そういうお話でした。



今日のBGMは渡辺貞夫さんのアルバム


「ORANGE EXPRESS」

マーカスとガッドのリズム隊。最高です。





んじゃ、おやすみなさい。



SHIN