河原 真 OFFICIAL BLOG [Simplicity & Fortitude]
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

Shin Kawahara [musician]

Bassist
Birthday : 1981/4/1
Hometown : Hiroshima Japan

2013/04/20

BIGNOUN 5ヶ月ぶりのライヴ決定!

Spacetrain4_flyer

Twitterでもお知らせした通り、BIGNOUNの久々のライヴが決定しました!

6月23日(日) 渋谷Glad
Rei Mastrogiovanni presents… “SPACETRAIN4”


というイベントに出演します!



今年アタマに全国ツアーを終え、しばらくBIGNOUNとしてのライヴはお休みを頂いて、メンバーそれぞれ各自のアーティスト活動やサポートミュージシャンとしての活動に精を出していました!


が、今年も夏に向けてBIGNOUNは動き出します!



イベント詳細はこちら→http://bignoun.com
※HPからの前売りチケット予約もできます!
今年の6月で昨年のBIGNOUN初ライヴから丸1年となります。BIGNOUNの結成のきっかけのひとつとなったヤスメイヤーとの出会いは何を隠そうこの渋谷Gladでのジャムセッションでした。そしてそのセッションの主催者は今回と同じレイマストロジョバンニ!!!
初ライヴから1周年というメモリアルなライヴがとても所縁のある会場で、しかも結成のきっかけのひとつを作ってくれたレイくんのイベント!!これは運命的!!
そして、このイベントではスペシャル企画として、出演メンバーによるジャムセッションもあるとのこと!果たして何が起こるのだろうか…
今から楽しみで仕方ない!!!
さらにこの日、FOODも出るみたいで、しかもそれはDALLAXのPE-のポテトサラダ!知る人ぞ知るアイツのポテサラ!!!
そんなわけで、久々のBIGNOUNのライヴ!
どうぞお楽しみに!!!
SHIN

2013/04/14

挽回

おかげさまで首痛もよくなりました。


今日はコントラバスのレッスンを受けてきた。うーん。まだまだ。


首もよくなったので、基礎練習を多めにして挽回していきたい。


練習できない間は、本と映画と音楽に普段より多く触れた。


本は前回のブログで書いた桑田氏の本を読んでます。「心の野球~超効率的努力のすすめ~」ってやつなんだけど、ホントに勉強になる。コツコツと努力を積み重ねる上での精神面での大事なことや、それが開花する法則についてなどを自身の経験に基づいて記さていて、野球の本というよりは、目標に向かって努力している人に対しての道しるべみたいな感じ。もちろん野球ファンとしてもすごくおもしろい。あの1985年のドラフトのことや、清原氏とのことなども興味深い。



映画も何本か観た。


こないだも書いた「ふたたび SWING ME AGAIN」
ジャズバンドのトランペッターがハンセン病を患い50年以上、島の施設に隔離され、世間から差別や迫害を受けながら苦しんで、50年ぶりに退院して当時の仲間を探して、同じくジャズトランペットを演奏する孫と一緒に旅をする。簡単にいうとこんな感じ。渡辺貞夫さんも出演してて、演奏シーンは超シビれる!


あと他に観た映画は

「プリンセス トヨトミ」

「アウトレイジ」

「実録 連合赤軍 あさま山荘事件への道程」


などなど。



自分も先生や先輩によく言われてきたこと、音楽を志すなら、音楽以外の芸術や文化、歴史、言語などもしっかり勉強するべきだということ。


というかね、音楽だけでも世界中に死ぬほど沢山あるわけで、音楽以外も深く掘り下げようとするとリアルに一生かかると思う。


一生かかってもいいじゃん。と思ってるけどね。



技術、感性、知識、経験、どれも欠かせないし。一日を大切に生きていきたい。ダラーっと休むこともときには大切だし。



あ、さっき言語って書いたけど、わたくし数年前からほんの少しイタリア語をかじってて。笑


日本語以外に言語を身に付けたいって思って。そこは英語だろ!っていろんな人に言われたし自分でもちょっと思うんだけど、英語はしゃべれる人沢山いるし、そもそも中学くらいから勉強はサボリっぱなしだったので、ハンデが大きいから、というわけわからん動機。笑 まあサッカー好きだし。



いずれイタリア語でMCやるかな。イタリア語でブログとか。



って誰もわからんわ。笑



ちなみに数年前から毎年誕生日のブログタイトルはイタリア語で年齢の数字です。


知ってた?笑




んなもん知るかい。よね。




イタリアにライヴしにいきたいな。どんなミュージシャンおるんじゃろか。レイマストロジョバンニにイタリアツアー行こーやってゆーてみようかな。






もうこんな時間。




心が広くて、器が大きくて、懐の深い、そんな人間、音楽家になりたい。



思いやりと笑顔も忘れたくない。



ではおやすみなさい。


明日もカープ勝つよ!



SHIN

2013/04/05

視点やスイッチの話

こんなときは本でも読もう!


と思ってます。明日書店に行ってみよう。


元野球選手の桑田氏いるじゃないですか。そう。元読売ジャイアンツの投手の桑田真澄。元々、割と好きな選手だったんですが、WBCで解説してるのを聞いて、なんかいいなと思いました。


その解説を聞いてて思ったのが、自分のベースの師匠の納浩一さんにいろんなところが似てるなーということ。


モノの考え方、クールな視点、野球(音楽)への取り組み方、自己分析やそれを踏まえての目標の立て方などなど。あと、同じ関西人ということもあってしゃべり方も、ついでに声のトーンも似てる気がする。



「150キロなんていらないんですよ。140キロのストレートでもきっちりアウトローに投げれば抑えられるんですよ」


とか


「自分は物凄い球を投げられるわけじゃないから、どうやって打者を打ち取るか工夫に工夫を重ねた」


みたいなところがなんかもうそっくりで。



周りがよく見えてて、自分の長所も短所もしっかりわかってて、プロの世界で生きていくために何が足りなくて、何を伸ばせばいいのかということを必死で考える。



ときに、音楽やライヴも誰かの解説を交えて聴きたいときがあります。CDのライナーノーツとかもそれだけど、なんかもっとミュージシャン視点でしかもリアルタイムで、みたいなのがあればおもしろいかなと思ったり。いつもそうじゃなくていいけど、たまにはでいいんだけど。絶対おもしろいし勉強になると思う。



リスナーとして楽しむために音楽を聴くのと、プレイヤーとして研究するために音楽を聴くのって、聴き方が全然違うと思う。自分もその切り替えはしっかりやろうと心がけている。ミュージシャンにとってその”耳の切り替えスイッチ”を持っておくことはすごーく大事なことだと思う。



ま、そんなこんなで。明日は桑田氏か野村克也氏の本でも買ってみようかな。


痛み止めが効いてるからゆっくり寝れそう。



おやすみなさい。


SHIN


2013/04/04

滑り出し

昨夜ブログ更新した後くらいから痛みが増してきて、全く眠れなくなった。

夜中だし病院もいけないのでYouTubeで、すべらない話を見た。おもしろくて爆笑したら激痛が走った。笑うのもアウトか。


朝になっても状況は変わらず音楽聴くことにしてみた。いろいろ聴いてるうちに自分の過去のレコーディング音源なども聴いた。


その辺を話し出すと長くなりそうなのでまたの機会に。


そのあと病院にいってレントゲンとかも撮ってもらっけど、異常なし。「寝違えのひど~いやつだろうね」と先生に言われた。


自分でも寝違えてこんなに苦しんだのは初めてだったし、ヘルニアとかそういうのだったらどうしようとか、こんな痛みが続いたら音楽人生はどうなってしまうんじゃーみたいに良くないことを想像してしまった。


とりあえず今は痛み止めが効いてるから割とラクです。


6日のライヴまでにはもうちょいよくなるといいけど。



32歳の滑り出しはなかなか悲惨でしたと、そういうお話でした。



今日のBGMは渡辺貞夫さんのアルバム


「ORANGE EXPRESS」

マーカスとガッドのリズム隊。最高です。





んじゃ、おやすみなさい。



SHIN



2013/04/02

"フィールド"についてなどなど

今日は一日中雨。そんな中、寝違えてしまったらしく首の激痛に苦しんでおります。

昨日32歳になったばっかりだというのに、今日すでに33歳になる同級生がいるという。。そうです。4月1日生まれは早生まれなんです。なんでか?えーと。ちょっと説明が面倒なので、気になる方は各自インターネットなどでお調べ下さいませ。
そういえば、こないだ3/31でBIGNOUNも結成1周年となりました。早いね〜と思う一方、あれからまだ1年しか経っておらんのか!という気持ちもあります。Liquidとの全国ツアー「GRAND COZY TOUR」が終わってまず一息ついて、そこからら現在までは各メンバーはそれぞれ自分のフィールドにまた散らばって活躍中であります。みんなそれぞれ充実した活動をしているのに刺激を受けています。あくまで、個々の活動がメインというのがモットーで、その中で得たもの、またそこで出し切れないもの、そことは違うまたスペシャルの表現の場としてBIGNOUNは存在しています。うーん。リーダーらしい言葉!笑
いわゆるロックバンド好きの方からすれば、「動きおせー!」って思われちゃうかもしれないけど、そこらへんはマイペースにやらせてもらえたら嬉しいです!逆に言えば、バンドがあってもなくてもそれぞれが一人前のプロミュージシャンでいて、そのスペシャリスト達が集まる場所としてBIGNOUNがあればいいなと考えています。だからBIGNOUNにとってはメンバー4人のフィールドが何よりも大事。双方が相乗効果で盛り上がっていくことが理想です。
しかーし、表立った動きはないけど、水面下で大きく動いております。ちゃーんと動いとるけー心配せんとってね!!むしろ期待しまくってもらっていいっす!!いろいろ言いたいけど、今はまだ言えないのだよ… そのうち、ガツンとアレしますから。
というわけで、僕のフィールドではというと
5/23にJAZZライヴが決定しました!!
以下、詳細でございます!

【JAZZ QUARTET ワンマンライヴ】
2013/5/23(thu.)
東京 町田 Nica’s
start 1st.19:45〜 2nd.21:30〜
(2ステージ 入替ナシ)
チャージ ¥3,000 (予約 当日共通、オーダー別)

メンバー
Ba.河原真
Sax.新井一徳
Pf.神村晃司
Dr.望月純

予約
Nica’s 電話予約受付中

042-729-8048(12:00〜23:00 月曜日定休、日曜日は15:00〜23:00)

問い合わせ
Nica’s
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nicas/

前回のNica'sでのライヴは河原真主催のライヴ"River Groove"の第二弾としてでしたが、今回はサックスの新井一徳との共同企画。彼は音楽学校時代からの仲間で今までも何度も一緒にステージで演奏してきました。素晴らしいプレイヤーです。ピアノの神村さんは新井くんの仲間で、まだ会ったことないのですが、とても楽しみ。ドラムの望月くんはこないだ一緒にライヴをして意気投合しました。そのときのライヴを観た人ならわかると思うけど、マジでナイスキャラです。
以前のブログにも書いたけど、JAZZって音楽は自由度が高くて、スタンダード曲を知っていれば初めて会った人とでもその日にライヴが出来ちゃったりするわけです。簡単に言うとジャムセッションがそのままライヴになっちゃうみたいな感覚があります。だから、全国各地でその土地のミュージシャンと出会ったその日にライヴして(もちろん事前にオファーはするのですが)、また次の街へ…みたいな旅ができたら最高だなと思うのです。その話を新井くんにしたら共感してくれたし、自分もジャズの世界では未熟だし一人旅はなんか寂しい、、、んじゃ一緒に行こうかみたいな流れで、今回はそれに向けての第1歩というわけなのだ。
まずは自分のホームタウン町田で足元を固めていこうというわけだ!そこからじわじわ広げていこうと思ってますのでお楽しみに!ロックバンドでのツアーとはまた一味違った楽しさがあると思います!
あ、そうだ。その"旅"の名前も考えないと…
そんなわけで、明日のカープの勝利を祈りつつ…
おやすみなさい!
SHIN

2013/04/01

trentadue

無事に32歳になることができました。沢山のお祝いのメッセージ本当にありがとうございます!


1999年の18歳の誕生日から東京で暮らし始めたので、東京生活も今日で丸14年になり、15年目がスタートしました。もうすぐ人生の半分が東京になります。早いもんですね~。


東京に来てからの14年間も、思えばいろいろありました。多くの人たちにお世話になってなんとかやってこれました。


とりあえず今日から人間として33年目を迎えるわけですが、今年もとにかく必死に音楽を頑張るということで、ベース道をしっかりと歩んでいきたいと思います。この世界に自分の足跡、爪跡を残せるように。



東京でお世話になってる皆さん、地元で応援してくれてる皆さん、全国各地、または海外で応援してくれてる皆さん、33年目の河原真もどうぞよろしくお願いいたしします!

2013/03/31

ふたたび

ずっと観たかった映画「ふたたび SWING ME AGAIN」をやっと観れた。



涙が止まらない。


よかったら観てみて下さい。



渡辺貞夫さんが出てきて一緒に演奏するシーン、ほんとにシビれた。



あー。神戸いきたい。



SHIN


2013/03/30

昨日のことなど

昨日は31歳のラストライヴでした!



去年、2回ほどサポートさせてもらったコーラスグループ”JULEPS”のアリオくんのソロライヴでした。ソロとしては初のワンマンということでこちらも気が引き締まった。アットホームな空間が彼の独特の優しい歌声に包まれて、素晴らしいライヴだったと思う。


ギター兼バンマスはヤスメイヤーこと中嶋康孝。この一年で何回一緒にライヴしただろうか。音楽に対する情熱とか、共鳴する部分が多いのでいろいろと話が早い。



そして、昨日プロ野球が開幕した。カープは逆転負け。今日は勝つ!!



みたい映画があって、、「ふたたび SWING ME AGAIN」って映画。渡辺貞夫さんも出演してて。でも近所のTSUTAYAには置いてなかった。


昭和30~40年代の日本のジャズシーン。なんかすごく好きで。本とか写真とか、鈴木淳先生(コントラバスの師匠)の話とかでしか知らないのだけど、戦後~高度経済成長で日本中が必死で生きてた時代、そういうときの音楽ってエネルギーに満ち溢れてて好きなのです。



最近、自分の周りのロックミュージシャンの間では、バンドの解散、活動休止、メンバーの脱退などのニュースが絶えない。久しぶりに会った友達と話をしても、メジャーレーベルや事務所から契約を打ち切られたとか、あまり喜ばしいニュースは少ない気がする。


寂しい気持ちになることも多いけど、人生いろいろ、バンドもいろいろ、そういう困難とも戦っていかんにゃならん!そんなときこそ、そのエネルギーが素晴らしい音楽を作っていくはず。


エネルギー振り絞って、やってやろーや!





ま、今日はこの辺で。



SHIN

2013/03/21

朝まで、いや、朝から??

ずっと調子悪かった自宅のCDプレーヤー。CDを入れても読み込まないという状況が続いていた。だからiPodやパソコンをオーディオに繋げて音楽を聴いていたわけ。まあ、特に困ることはないのだけど。

で、そのことをすっかり忘れてこないだCDを2枚ほど買って帰ってしまった。なんかね、ジャズのCDとかビビるくらい安くなってて。ひとりのリスナーとしては当然嬉しいのだけど、ミュージシャンとして、つまりCDを作って売る方の立場からすると、改めてこのCD大不況時代を嘆くばかりなのであります。

アルバム3枚で¥2,000セール!とかね。おっ!ラッキー!と思うのは一瞬で、次の瞬間、いやいや安過ぎますってちょっと!!みたいな。そうでもしないと売れないっていう現状。

考えてみれば自分もちょっと前に比べて格段にCDを買う量は減っている。うーん。。。

でもやっぱりCD買うと嬉しいし、一分でも早く家帰って聴きてー!ってなるわけで、そんな少年のような高ぶった気持ちで自宅のCDプレーヤーを目の前にした瞬間、凍りつく。

うわ。そうじゃった。プレーヤー壊れとった。。

そこで思い付くのはやっぱり、パソコンなりiPodなりに取り込めばいいじゃんってことなんだけど。いや、それじゃレンタルしてきたのと何にも変わらんと思い、意地でもCDプレーヤーで再生しないと気が済まなくなった。

ダメ元でプレーヤーにディスクを入れてみる。やっぱりダメ。読み込んでくれない。再度チャレンジ、やっぱりダメ。チャレンジ、ダメ、チャレンジ、ダメ、チャレ…

ちくしょう。悔しい。

しかし、そこで自分でプレーヤーを分解して修理するなんて技術なんてあるわけがない。

そこで最後の悪あがきで、CDを入れるトレーの中を”フーフー”してやった。息を吹きかけて中のホコリを飛ばすという、少年時代にファミコンで培った必殺技を使った。


はははは。なおった!!!ファミコン世代をナメんじゃねー!!!


まあそれで、無事に平和にCDが聴けたとさ。


ちゃんちゃん。



ちなみにこの日に買ったCDは

ハンクモブレーの「WORKOUT」


チャールズロイドの「Forest Flower」



どっちもかっこええ!!



まあ確かにiPodとかパソコンで音楽を聴けるのは便利この上ないんだけど、便利過ぎてすぐ別の曲にしちゃったりとか、なんかゆっくり聴けないってのもありますね。
やっぱりCDなりレコードなりをわざわざ棚とかダンボールから探して持ってきて、セットして…っていう手順って結構大事なのかも。自分でお店を回って探し当てたアルバムとかなら尚更。


当然だけど、CDやレコード、特にアーティストのオリジナルアルバムは芸術作品なわけだから、その作品を通してじっくり聴いて、その時期にそのアーティストがどんなモノを作り、そこにどんな狙いやアイディアがあるのかを感じ取ったり、歌モノなら歌詞をじっくり噛みしめたり、楽器演奏のかっちょいいところにシビれたり。


単純に音楽としてももちろん、「芸術作品」としてそのアルバムを楽しむってのはやっぱりいいもんですね。確かにライヴやレコーディングの仕事のときに事前に曲を予習復習したり、原稿や譜面を書くときにいろんな曲を聴き比べたりするにはパソコンやiPodは非常に便利ではあります。何万曲の中から瞬時に曲を選び出せて、好きな部分から再生できる。実際に仕事では非常に助かってはいます。



だから一枚のアルバムをじっくりアタマから最後まで聴いて楽しむっていう、以前は当たり前のようにしていたことをめったにしなくなったのは自分だけではないはず。特にミュージシャンは。


でも、もっと若い世代、例えば10代の人たちにとってみればその便利さが当たり前なわけですもんね。アルバムをフルでじっくり聴いたりとかは以前より格段に減ってきてるのかも知れない。特別好きなアーティストは別として。ちょっと興味持ったくらいじゃCDまで買わないだろうし、YouTubeで下見してダメならアウトだし。実際にリスナーとしての自分がそうなりかけてるわけだから。



だから作り手の自分たちとしたら、やっぱりひとつの作品としてじっくり聴きたいと思ってもらえるようなモノを作っていかないといけないし、そう思われるだけの魅力を持ったミュージシャンでいることが必要なんだってことを改め感じさせられるわけなのだ。




というわけで。また。


SHIN

2013/02/26

同志

今朝、何気なくツイッターを見ていて、自分の目を疑った。

DALLAXの前ベーシストのKASAIくんが亡くなってしまったとの情報。本当にびっくりしたし、信じられなかった。

2011年の暮れから2012年の上半期、僕はDALLAXのサポートベーシストとして数回ステージに立たせてもらった。当時メンバーだったKASAIくんが体調不良で突然入院し、既に決まっているライヴに出演するために急遽自分が代役を務めることになった。依頼を受けてからライヴ本番まで2週間しかなく、大急ぎでDALLAXの音源を聴いてKASAIくんやさらに前のベーシストのフレーズをコピーすることになった。

シャープでスピード感溢れる彼の演奏をコピーするのには苦労したし、その中でDALLAXというバンドにおいてのベースの役割の重要さがすごくわかった。

当時、KASAIくんの病状などについてはあまりよく知らなかったけど、まさか亡くなってしまうなんて想像もしてなかった。

サポートしていた期間はDALLAXの地方遠征にも同行した。その中で、彼らの結束の固さ、仲の良さ、バンドに懸ける情熱などがすごく伝わってきて感激したのをよく覚えている。「バンドをやるならこうありたい」って強く思った。メンバーはほとんど自分と同い年だったのに、その時点で結成15年近くて、同じバンドを長く続けることの難しさを自分も知っている分、本当にすごいことだと思った。

そんな歴史のあるバンドで最も長くベーシストとして在籍していたのがKASAIくんだった。自分は彼と入れ替わる形で参加したため、会ったり話したりすることは出来なかったけど、2005年にWhat's Love?のメンバーとして彼らのイベントに出演したときに初めてDALLAXのライヴを見た。しかもそれはKASAIくんが加入してから最初のライヴだったらしい。

現在、DALLAXは新たなベーシストを迎え活動中であり、新生DALLAXのライヴをそろそろ観たいなと思っていた。

メンバーや彼の家族の気持ちを考えると本当に辛い。そして悔しい。

自分は少しだけだけどDALLAXのベースをプレイした同志として彼の冥福を心から祈りたい。そして、彼の分までベースを弾いていきたいと思う。

おれがいつか天国に行ったときは、一緒にDALLAXのことやベースのことを語りたい。

どうか安らかに。

河原真