播戸竜二 OFFICIAL BLOG

Ryuji Bando [soccer player]

OMIYA ARDIJA / FW /11
Birthday : 1979/8/2
Hometown : Hyogo Japan

2017/04/03

日本化。


オフやけど、
早く目が覚めたね。

毎日のリズムが出来てる。
これは素晴らしい!

ただ、
試合をやっていけば、
16:00キックオフもあれば、
19:00もある。

土曜日もあれば、
日曜日、水曜日もある。

そんないろいろな事に対応でき、
なおかつ常にいいパフォーマンスが出せる。

それが理想やし、
ヤットや満男はそれを高いレベルでずっとやってるからこそ、ずっと試合に出てる。

カズさんなんて、
それを30年以上!

まさにアンビリーバブル!(笑)


俺は今年一年を通して、
しっかり積み上げることを目標にやっていきたい!




チームのチカラになりたい!

それは常に思ってるけど、
先ずは自分が戦えないとね!



先日の鹿島の選手達を間近で見て、
一人一人が本当に強かった。

毎日の練習で、
凌ぎを削ってるのが、
目に見えてわかった。

アレが伝統のなせる技なのか、
それはわからないけど、
根本的な強さを感じた。


そして、我がチーム。

あんまりナカの人間がいろいろ書くのはどうかと思うし、基本的には書きたくない。

けど、
今はこの感じやし、
いろいろな人がいろいろ知りたいと思ってるやろうから、軽く書きます。


シーズンが始まって1ヶ月。
そんなに簡単じゃない。

しかも、
俺が来てから積み上げてきてたベースが、
一旦無くなった。攻撃の部分で。

それはサッカー界には良くあることで、
ノーマルと言えばノーマル。


だから、
今はチームとして、
新たに構築していってる最中。


そんな中、
いろいろなチームと戦う。

お互いが全力を出し勝ちたい。

伝統のあるチームも、
個人技があるチームも、
集団的なチームも、
新しくたくさん補強したチームも、
いろいろなチームがある。

そのドコモが勝ちたい。


っていう状況の中、
いま成績です。



周りはザワつく。

大丈夫か?と。

中もザワつきだす。

これでいいのか?と。



けど、
ハッキリ言って、
全然大丈夫!

やる事、目指してる事に、
一切のブレはないから。



何回も言ってるけど、
いま大事なのは、
中から崩れない事。



選手は大丈夫!

みんなクオリティがあるし、
これからどう反応していくかが、
男の見せどころやから!

自信を無くさないコト。
自分達を、自分を信じるコト。
コレが重要!



周りの人達の事。
ココは正直わからない。

俺が幾ら叫んでも、書いても、

考えたり、言うのは、
人それぞれやから。


海外の事をブログに書いたけど、
あれをして欲しい訳じゃない。

ただ、いろいろ知って欲しいと思っただけ。

ひとえにサポートと言っても、
いろいろなカタチがあると思う。

選手によってもいろいろ違う。


ここは俺のホームで、
俺が書きたい事を書く場所。

その根本には、
もっと日本サッカーが良くなって欲しい。

Jリーグが盛り上がって欲しい。

代表が強くなって欲しい。

大宮アルディージャが良くなって欲しい。


その気持ちだけです。


一人一人がサッカーの事を考え、
それを実践するならば、
それが答えです。

一人一人が違うし、
正解なんてない。


ただ、
いまどうするべきか、
何をやればいいのか。

っていう事に関しては、
ある程度の正解はあると思う。


俺が経験し、見て来た事と照らし合わせると。



だからこうやって書いて伝えていく事も、
俺の仕事なんやと思う。


こういう事を書くのはこれっきりね。



俺の仕事は、ピッチでそれを表現すること。



こうやって書いた事が、
いろいろな人にプレーで伝わるよう、
毎日の練習やオフを過ごす事。

コレが俺の仕事。


ヨーロッパや南米やアジア。

サッカーは全世界。

日本のサッカーはコレや!

Jリーグはコレや!

大宮アルディージャはコレや!


っていうモノを作り上げたいね!



一人一人がサッカーに向き合い、勉強し、
正直に、謙虚に、人を思いやる。


そんな事が出来れば、
素晴らしいサッカー界になる!


そんな事を夢見ながら、
夢から醒めた、早朝でした。(笑)



いろいろな質問の答えになってるかわからへんけど、みんなが深くサッカーを考えてくれたら嬉しいです!


オシムさんに代表に呼ばれたのが10年ちょっと前。

いま書いてて、
やっとあの人の言ってる事が少し理解できた。

深いわ〜。

あんな深い人間にならないとね。

オシムチルドレンとして。(笑)



banchildren