安田理大 OFFICIAL BLOG

Michihiro Yasuda [soccer player]

Busan IPark / DF /44
Birthday : 1987/12/20
Hometown : Osaka Japan

2011/10/20

Waar is het feest? Hier is een feest!!

ローングターイム。

更新できてなかったな・・・スマソ。

今日のブログは先週の日曜日にあったNECとのリーグ戦、Gelderland Derbyについて。

結果からいうと1-0で勝利。

俺は3試合連続で出場無し。

でもこの日の勝利はベンチやったとしても格別。

最高の勝利でした。

 

VitesseのあるArnhemとNECのあるNijmegenはGelderland州にあって、車で20分くらいの距離。

お互いの街に住む人にとって一年で一番大事な試合はダービー。

しかもVitesseはアウェイでのダービーは15年間勝ちなし。

っていうことで、もちろんサポーターの熱さも凄い。

GKのピートは3日前から家にSPを2人付けたって言ってたし。

MFのニッキーは2年前ダービーで負けた翌日、家の庭に豚が放し飼いにされてて、玄関の前に豚の首だけ置いてあったって言ってたし。

大阪ダービーも熱かったけど、それをはるかに凌ぐ熱さ。

そんなGelderland Derbyは試合の前日から熱い。

練習場には何百人ものサポーターがきて、選手がグラウンドに入るなりNECカラーの緑、黒、赤の発炎筒がグラウンドに投げ込まれ・・・

その次はVitesseカラーの黄色と黒の発炎筒が投げ込まれ・・・

そこからは練習が終わるまで爆竹とロケット花火が鳴り止まず。

練習後は普段は前泊がないのに、山奥のホテルまでチームバスではなく、カモフラージュのために4台くらいのワゴン車に別れて移動。

19時半からみんなで夜ご飯を食べ・・・

その後はみんなでPSV対Utrechtの試合を観戦し・・・

さらにそこからみんな熱くなりすぎて喧嘩みたいなミーティング。

翌日の試合は12時半からやのに部屋に帰ったんは23時半。

 

試合当日。

この日もチームバスではなく普通のバスで白バイ10台くらいに周りを固められてスタジアムまで移動。

スタジアムに着くと発炎筒の煙でバスが覆われて「口を塞いで目もあんまり開けずにスタジアムに入れ。」っていう指示。

そして試合。

満員のスタジアムの中、両チーム合わせて3人の退場者が出る激しい試合やったけどVitesse勝利。

試合後はVitesseの全スタッフでサポーターに挨拶。

中にはNECサポーターを煽りまくる選手もちらほら。

グラウンドからロッカーに帰るまでの間にNECの選手と乱闘騒ぎが起きたりも。

ロッカーに戻ったらみんなで優勝したみたいにどんちゃん騒ぎ。

ロッカーの天井にいろんなもんが突き刺さったり、天井が剥がれて落ちてくるくらい。

そしたら会長がロッカーに入ってきて「おめでとう。今日の勝利プレミアムはもちろんいつも以上だ。それにプラスアルファ、トップチーム選手、スタッフ、40人全員にIphone4Sをプレゼントする。」とか言い出してまたドカーンとなって、みんなでビールの乾杯。

12時半から始まって結局スタジアムを後にしたのは16時半。

NECサポーターがスタジアムの周りからいなくなって始めて移動。

帰りはスタジアムからNijmegenの街を出るまで、バスの中で全員で暴れ回って歌いながら、Nijmegenの街の人を煽るだけ煽って帰りました。

もちろん監督も一緒に。

Arnhemの街に入るとサポーターがシティーセンターで待ち構え、バスを止められてまず一軒目のサポーターがいっぱいいるバーでサポーターと一緒に酒を飲み、歌い、騒ぎ・・・

やっと一軒目出れたと思ったら2軒目のバーで酒を歌い、飲み、騒ぎ・・・

これでほんまに帰れると思ったら、次はまたしても会長が現れてもう一回バーに逆戻り。

Derby_2

Derby

監督もコーチも選手もみんなサポーターから貰う酒を飲みまくり、しまいには会長が「今日Arnhemで飲むお金は全部俺が払う。」とか言い出してました。

そっからしばらくステイして、結局いつもなら20分の道のりを4時間くらいかけて帰りました。

This is derby!!

Arnhemのみんなで勝ち取った最高の一日でした。

これでVitesseは10試合を消化して首位と勝点5差の17でFeyenoordと並んだけど、得失点差で5位。

次は2位のPSVとの試合。

ダービーの勝ちを次の試合に繋げれるように今週もしっかりいい準備しないとな。

ってことで今日はちょっと長くなったけどみんな読んでくれてありがとう。

また更新します。

 

Ja man.Michel.