安田理大 OFFICIAL BLOG

Michihiro Yasuda [soccer player]

Busan IPark / DF /44
Birthday : 1987/12/20
Hometown : Osaka Japan
2017年5月

2017/05/31

27

今日、U-20日本代表が決勝トーナメント一回戦でU-20ベネズエラ代表に延長戦の末負けました。

U-20日本代表の選手スタッフの皆さんお疲れ様でした。

俺は10年前のカナダ大会で自分がPKをはずして負けました。

そしてあの日、俺は強く感じました。

世界の奴らと戦うためにはヨーロッパに行ってプレーしないとあかん!と。

Jリーグを否定してるわけではないし、Jリーグのレベルも間違いなく上がっています。

でも、悔しい事ではありますがヨーロッパとJリーグにはレベルの差が確実にあります。

カナダ大会から5年後、俺は契約が切れるタイミング、つまりフリーでオランダのフィテッセに移籍しました。

あのときの俺はフリーでしか行けるレベルになかったと今でも思います。

だからこそ、ジュニアからユースまで育ててもらいプロになってからも色々な経験やタイトルをもたらしてくれたガンバには、あのとき夢を追う俺を後押ししてくれた事を本当に凄く感謝しています。

そして、ヨーロッパ移籍について思うことがあります。

それは「行きたいときが行くとき」ではなく「行けるときが行くとき」だということです。

ここ数年でヨーロッパのクラブのスカウトにとって日本人選手は間違いなくターゲットになっています。

そうなった理由には、日本人選手のヨーロッパでの活躍、Jリーグのレベルアップ等で日本人に対する評価が上がったことが一つに考えられます。

ですが、アジア、東欧、南米、アフリカの国々も日本と同様にレベルアップしています。

なので10年前や20年前に比べたら移籍マーケットが拡大した分移籍が出来る可能性は高くなったとは思いますが、結局選手も増えてるので難しいのは難しいままだと俺は思います。

そしてヨーロッパのマーケットの動きは速くて分かりやすいです。

その時にいい選手を安く買い、育てて高く売る。

これです。

マーケットの動きから速いからこそ一年、半年、その瞬間が大事です。

では安く買える選手はどのような選手か?

それは若くて才能がある選手です。

若い選手はそれだけサッカー選手としての将来が長いです。

なので0円で獲得した選手が成長次第では数億円、数十億円、数百億円になる可能性だってあるわけです。

クラブにとってはすでにヨーロッパで実績のある選手か若くて才能のある選手がリスクが低くていいに決まっているのです。

「出来るだけ若い内にヨーロッパに行った方がいい」という言葉をよく聞きますが、あれは「“チャンスがあるなら”出来るだけ若い内にヨーロッパに行った方が“世界レベルを早く経験出来るし、その後ビッグクラブに行ける確率も給料が高くなる確率も上がるから”いい」ってことだと俺は思います。

後、俺みたいにヨーロッパで失敗したときに若い方がもう一度トライできる確率も高いと思います。

伝わったか伝わってないかは分かりませんが、俺は日本人選手がヨーロッパの舞台で活躍する姿がもっともっと見たいです。

そうすれば日本代表も強くなりますし、日本人選手を育てたJリーグもJリーグのクラブも世界から注目されます。

長くなりましたが以上です。

U-20日本代表の皆さん、世界の舞台はまだあります。

オリンピック、そしてW杯で今回の悔しさを晴らして下さい。

そのためにはまず、今所属しているクラブで今回の経験を生かして下さい。

こんな俺でもオリンピックに行けたし、A代表にも選ばれたし、ヨーロッパでもプレーも出来ました。

皆さんが本気な分だけ上に上に行けると思います。

本当は若い芽は全部刈り取りたい気持ちですが、そこは負けないように努力します。



日本から世界へ、世界から日本へ。







それでは聴いて下さい。

調子乗り世代と呼ばれていた俺たちは試合に行く前のホテルのミーティングでモチベーションを上げるビデオを毎回見ていました。

そのモチベーションビデオのBGMに使われていた曲、Sum41で「Over My Head」です。

2017/05/30

26

オフ一日目。

ゴミ捨て、銀行、ブランチ、ドライブ、アウトレット、カフェ、南浦洞ブラブラ、ステーキ。



チームの人から送られてきた写真です。

これはFAカップ第3ラウンドのときの写真です。

ちゃんと韓国でサッカーしてるよっていう写真です。

KリーグとJリーグの圧倒的な違いは観客の多さです。

この写真のFAカップの試合会場は2002年日韓W杯でも使われた釜山アシアド主競技場でした。

収容人数は55,000人くらいですが観客は50人くらいでした。

リーグ戦でも多くて3,000人くらいです。

はっきり言って何から何までJリーグの余裕勝ちです。

ただ韓国人選手はJリーグの選手より戦える選手が多いと感じます。

俺もKリーグのいい部分をしっかりと盗んで今後のサッカー人生の糧にします。

そしてDFBポカール決勝ドルトムント対フランクフルトを見ましたが、やっぱり大勢の観客の前でプレーしたいと思いました。

そうなれるように自分自身で引き寄せます。

真司、優勝おめでとう!!






さて、明日のオフ2日目は何をしようかな。






それでは今日は2年前の5月のヘビーローテーションだったこの歌です。

聴いて下さい、UNISON SQUARE GARDENでシュガーソングとビターステップ。



2017/05/29

25

今日の水原FC戦は2-2の同点でした。

ボランチで出ました。

ボランチって難しいけど楽しい。

プロになってGKとCB以外は全部やりました。

ジェームス・ミルナー、オスカル・デ・マルコス、フィリップ・ラーム、長谷部誠キャプテンを見習って色んなポジションをこなせるようになろう。

明日明後日と2日間オフです。

明日、月曜日はゴミの日なので朝からゴミ出し頑張ります。




俺は試合前は音楽を聴かないんですけど、今日はクラブハウスで平井堅の「瞳をとじて」を韓国人歌手がカバーしたのが聴こえてきたので、平井堅の「瞳をとじて」「even if」「思いが重なるその前に」「キミはともだち」を聴いてスタジアム入りしました。

しびれました。

ウッチーは「中島美嘉が最近改めていいと思う。」って一昨日言ってました。

海外生活してたら日本の歌が響くねんなー、分かる分かる。

同じ韓国で頑張る3人の日本人の女の子たちがいます。

モモ、サナ、ミナです。

彼女たちはTWICEという韓国で一番人気のグループにいます。

試合前のロッカールームでキャプテンのiPhoneで毎回俺が流してる曲があります。

それでは聴いて下さい。

TWICEでKNOCK KNOCK。

2017/05/27

24

今日は久しぶりの午前練習でした。

天気が良かったので練習後に河川敷公園に散歩に行きました。

俺は歩いていて川、池、水路等があれば必ず観察をします。

生き物はいるか、水質、流れ、その他もろもろです。

多分これは釣り人あるあるだと思います。

なので俺は基本的には毎日偏光グラスをかけています。

偏光グラスを忘れただけでパワーもテンションもダウンします。

今日の観察の結果、新しい釣りスポットを発見しました。

来週はここで3種類の魚は釣れると確信しました。

っていう本当にどうでもいい話は置いておき、今日の散歩中に幸せを発見をしました。

それはこれ。


四つ葉のクローバーです。

河川敷を歩いていると辺り一面が白詰草だと気付きました。

よし、四つ葉のクローバーを探そうと下を向いた瞬間、四つ葉のクローバーと目が合いました。

そしてもう一つもすぐに見つけました。

1分でこの2つの四つ葉のクローバーを見つけました。

探偵ナイトスクープに出れると思いました。

四つ葉のクローバーってこんなに簡単に見つかるものなのかとネットで調べました。

四つ葉のクローバーが見つかる確率は1/10,000〜1/100,000と書いていました。

そして四つ葉のクローバーの葉っぱ一枚一枚に花言葉があると書いていました。

Faithful Love(満ち足りた愛)

Fame(名声)

Wealth(富)

Glorious Health(素晴らしき健康)

そしてこの4枚が揃うとTrue Love(真実の愛)という意味になるそうです。

それでは聴いて下さい。

藤井フミヤでTrue Love。

2017/05/26

23

契約して9年目のNIKEのスパイクです。

俺の一番の商売道具。

使っているモデルはTiempo Legend FG。

インソールは世界一のホペイロの松っちゃんこと松浦紀典氏に作ってもらった滑りにくいインソール。

ポイントも松っちゃんに少し削って貰っています。

名古屋にいたときは練習に行けば毎日ピカピカに磨かれていたスパイクも今は自分で手入れしています。

松っちゃんの存在の凄さありがたさを感じますが、自分で手入れして初心に戻れます。



Jリーグは世界でも本当に恵まれているリーグです。

ヨーロッパのトップリーグでプレーしてる選手の中でも自分でスパイクを買っている選手もいます。

Jリーグ、特にJ1ではほとんどそういう選手はいません。

Jリーガーにとっては凄くありがたいことですが、その恵まれている環境がグラウンドでの甘さに繋がってはいけません。

感謝の気持ちを忘れず、そして常にハングリーにプレーしないとダメだと韓国にきて改めて感じました。

松っちゃん、いつもありがとう!!

そしてNIKE JAPANと担当の宮ちゃん、いつもありがとうございます!!

そのサポートに応えれるように、後は俺が・・・

JUST DO IT.

そう、やるだけです。





このブログを見たサッカー少年少女のお父さんお母さん、そしてサッカーをしているあなた、スパイクを買う際には是非NIKEのスパイクを買って下さい。

NIKEのスパイクのクオリティーは9年間履いてる俺が保証します。

2017/05/25

22

今日、日本食レストランでカレーうどんを頼みました。

生クリームが大量に乗っかってました。

ビックリしました。

でも・・・





凄く美味しかったです。

2017/05/23

21

今日はオフでした。

釜山のSEA LIFEという水族館に行ってきました。

俺はとにかく水族館が大好きです。

水族館にいる魚の7・5割は名前を言い当てれる自信があります。

とくに熱帯雨林のゾーンがあれば当てる確率は9・5割まで上がります。

釜山のSEA LIFEは入って一番最初に熱帯雨林のゾーンがあり、ピーコックバスの種類もたくさんいたのが良かったです。

水深が後1.5m深くてもいいと思います。

(俺の後ろにいるのがピーコックバスです。)

他にもシルバーアロワナ、ピラルク、レッドテールキャット、電気ナマズ、タイガーショベルノーズなんかもいて今日はいい魚の研究になりました。

俺が淡水魚を展示している水族館で意外と好きのは琵琶湖博物館と東京タワー水族館です。

琵琶湖博物館ではアルビノの琵琶湖大鯰やブラックバスが見れるし、チョウザメの水槽が迫力満点です。

個人的には展示の仕方も実際の琵琶湖と繋がってる感じがして好きです。

東京タワー水族館は種類はいっぱいいて興奮しますが、水槽の大きさと展示方法をもっと考えれば更に良くなると思います。

今一番見てみたいのは海遊館の太刀魚の水槽の餌付けです。

今日の俺のファッションテーマはデビュー当時のSPEEDのHITOEです。

2017/05/22

20

韓国は日本に比べたら練習が物凄くキツイです。

その疲れを癒してくれるブルーベリースムージー。

ほぼ毎日、Avenue14というカフェでこのブルーベリースムージーを飲みます。

皆さん「いつものやつで!」と言って注文できる店って何軒ありますか?

俺は韓国で2つあります。

一つはこのAvenue14、そしてもう一つは華明洞のマックッス屋さんです。

マックッスとマンドゥ小(韓国餃子)が何も言わなくても出てきます。

マックッスとマンドゥ小で10,000KRW。

ブルーベリースムージーは6,000KRWです。



ちなみに大阪アメ村で行くバーと東京恵比寿で行くバーでは「いつものやつで!」と言うとディタソーダ(ライチのリキュールとソーダを割ったお酒)が出てきます。

そうです、ただイキりたいだけなんです。

今日もイキって飲んだブルーベリースムージーが美味しかったです。



明日もみんなイキってイキってイキりまくりましょう。

19

今日のソウルイーランドFC戦は95分に逆転ゴールを決めて2-1の劇的勝利でした。

そしてさっき帰宅しました。

今日は試合後にドーピングテストがありました。

くじ引きで18分の2人に選ばれました。

ドーピングテストは試合終了後すぐにドーピング委員の人から1チームにつき2人の対象者が発表されます。

選ばれた選手はドーピングコントロール室に行きます。

そこてドーピング委員の人に見られながら(ズボンを膝まで下ろし、服はお腹の上まで上げます。)おしっこを90ml以上出さないといけません。

これが結構キツイんです。

見られることがキツイんじゃなくて、試合で汗をいっぱいかいた後に90mlを出すのがキツイんです。

量が足りなかったら足りるまでずっとドーピングコントロール室にいないといけません。

俺は一回トライして90mlに足りず、最長3時間くらいいたことがあります。

その時はおしっこを出すためにペットボトル5本分くらい水を飲みました。

今日はわりとすぐにおしっこが出ました。

おしっこが出たらAとBと書いた2つのボトルが入った箱が何個かあって、その内の1つを自分で選びます。

そこからはドーピング委員の人の指示に従っておしっこが入ったカップからそれぞれのボトルに入れ替える作業、蓋を強く締めておしっこがこぼれないようにしたボトルを袋に入れる作業、その袋に入れたボトルを箱に戻す作業を全部自分でやります。

後は書類にいろいろなことを記入したら終わりで帰ってOKです。

そしてその日から4週間以内に何も通知が来なければ何も無かったということになります。



俺は今日のドーピングテストが人生5回目でした。

ちなみに、人生初のドーピングテストはクラブW杯のマンU戦後でした。

その時はドーピングコントロール室でテベスと2人っきりでした。




ドーピング違反絶対ダメ!

2017/05/20

18

昨日はブログOFFの日でした。


今日はちょっと前にブログで紹介したマックッスの次の次に好きな韓国料理を食べに行きました。

それがコレ↓

釜山の名物料理のデジクッパ。

今ググってみた情報によると、「デジ」は韓国語で「豚」という意味です。デジクッパは豚骨を丸一日かけてじっくりと煮込んで出汁を取ったスープに、柔らかく茹でた豚肉とねぎとご飯を加えて、数種類の薬味の中から好みの味付けをして食べる料理です。

Travel Bookさんナイス説明!

美味しい、栄養満点、リーズナブルと三拍子揃った素晴らしい料理です。

みなさんも釜山に来た際には是非デジクッパを食べてみて下さい。





今週末はソウルイーランドFCと試合です。

ソウルイーランドFCには去年まで京都に所属していた和田篤樹氏がいます。

和田篤樹氏の弟は和田倫樹氏で彼はKリーグの光州FCというチームにいます。

俺は倫樹とは神戸で一緒にプレーをしました。

身体の線が細くフィジカル面がウィークポイントということを自覚し、練習後にいつもジムでウェイトトレーニングをしていました。

自分のウィークポイントを認めるというのは出来そうで出来ないことです。

特にサッカー選手はプライドが高い人たちの集まりですからね。

和田兄弟のお父さん和田昌裕氏は現役時代はガンバの前身である松下電器→ガンバ→神戸でプレーし、監督としてのキャリアは神戸、京都、タイで3チームを率いてます。

そんな父を持ちプレッシャーもあったでしょうが2人とも韓国で頑張ってます。

頑張るのは当たり前なので頑張るという言葉はあまり好きではありませんが、韓国では頑張らないと絶対にやっていけません。

俺も彼らに負けないように頑張ります。