ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
July 2016

07/10/2016

恐るべし。

親知らずに苦しんでいます。

これって普通なのかなぁ。

抜歯して4日目ですが、腫れは全く引きません。

それどころか、扁桃腺の腫れが、喉風邪みたいになっちゃって、唾飲み込むのが痛いのなんの。

多分、扁桃腺が腫れてるせいでしょうが、昨夜は熱も37.5度ほど出ててました。

なんか知りませんが、持病の腰痛までじんじん痛み出して、意味不明な体調不良です。

恐るべし、親知らず。


まあ、埋まってる歯を、強引に歯肉割いて、中から砕き採るわけで、普通に痛んで当然っちゃー当然なんですけど。

親知らずは腫れるよーって聞いてましたが、これまでとは。


でもこれでボクも経験者(上は抜いたことありましたが、下は初めて)。

これから抜く予定の方に言っておきます。

親知らずはなめちゃイケナイヨ。


あ、ボクもう一本抜くんだった...

オーマイガー。。。

「頑張るときはいつも今」

07/09/2016

親知らず。

今週親知らずを抜いてきました。

下の奥なので、痛いと聞いていただけに、避けてきたのですが。

「もう抜かないとダメだよ」

と歯医者さんに脅され、渋々決心した次第です。


ドイツに来て、骨折やら喉の手術やら、今回の親知らずの抜歯やら。

それ以外にも交通事故(車の軽い破損)や、

結構経験してきてるなぁ。

それにしても、、、

予想を裏切らず、よく腫れてます苦笑

頭痛も扁桃腺痛もあって、昨日は少し熱も出てました。


検診にも行ったのですが、

「しばらくは痛み止め飲み続けてね」

ってことでした。


どうやら、顎が小さいらしく、親知らずがかなり窮屈なところに生えていたんだそう。

ボクは口を大きく開けると顎が外れてしまうのですが、これが長時間だと外れたまま、はまらなくなってしまうんです。

歯医者の治療中にときどき外れっぱなしになってしまうのですが、今回も案の定。


しかも、親知らずを砕いてるときに、

「ちょっと部屋を移動します」

ってなことで、移動したのですが(狭い部屋から広い部屋に移り、歯科助手が1人増えた)。

このときも顎が外れたままでして。

全部歯を取りきって、一度はめてもらったのですが、また傷を縫うときに口を開けたので外れまして。

先生は、こうやってはめるんだ、と歯科助手さんらに説明しながら2回目のパコン。

これが結構痛いんですよねー^^;

そんなこんなで、現在はおたふく風邪状態の顔をしております。

ほんと、こういうときは改めて健康の大事さを感じますね。


それと同時に、あの歯を抜くという発想がある人間ってすごいなぁと思ったりもしてます。

とにかく早く治って欲しいものです...

「頑張るときはいつも今」

07/03/2016

ドイツがユーロベスト4進出。

日本はめっちゃ暑いみたいですね。

こちらはなんだか秋の気温。

雨なんか降ると10度くらいまで下がってなんだか着る物のチョイスに困ります。

夏は夏らしく暑くていいんだけどなーなんて思いますが。

そんな中ですが、昨日はホビーサッカーの大会に参加するために、フランクフルトまで行ってきました。

個人的には太腿を軽く肉離れしかけていたので、少しだけやってすぐリタイヤ。

最近継続して運動ができていないせいで、無理するとすぐ怪我する身体になっちゃってて。

よくないので、身の丈にあった運動を心がけなくちゃって思いましたね。


そしてそして、夜はユーロ2016のベスト8の試合、ドイツvsイタリア。

なんかオシャレな演出の写真があったので、勝手に拝借(笑)


大きい大会ではどうしてもイタリアに勝てていなかったドイツですが。

試合は1-1で延長、そしてPK戦までもつれ込んだけど、最後はドイツが勝利。

ウチでプレーしてるジャスティンと一緒に見ていたのですが、最後はかなり力入りましたね。

やはりボクらにとっては、自分たちが住んでいる国ですし。

ましてサッカーのことですから、ドイツが結果を残してくれることは我々にとっても嬉しいことです。

さらにボクにとっては、ドイツが結果を残すことは、ドイツがやってきたことが正しいのだということを証明することにもなりますので。

とにかくタイムアップとなったのは夜中0時前でしたが、最後まで手に汗握る展開でした。

ちなみにユーロは今夜は開催国のフランスが、今大会のサプライズ国の1つであるアイスランドと対戦です。

人口30万人の国が、サッカー先進国のフランス(しかも今回は大会開催国)にどう挑むか。

とても楽しみです。


そうそう、そういえば報道で見ましたが、アイスランドでは今回のユーロの視聴率が99%なんだとか。

でも、スタジアムに2-3万人観戦に行ったりだろうし、またはパブリックビューイングで大盛り上がりの映像も見たけど。

あの人たちはTVを家では視聴してないから、正確には視聴率99%ってあり得ないですよねw

まあ、そんな揚げ足はいっか!笑

とにかく、ジャイアントキリングを楽しみにしたいと思います。

それでは、良い週明けを^^

「頑張るときはいつも今」

07/01/2016

フォルトゥナ列車。

いよいよ7月突入ですね。

下半期がスタートということになりますが。

いやーそれにしても、この半年も激動だったなー。

監督代わるわ、会長代わるわ、降格の危機に苦しむわ。

そんでもって飛行機乗り遅れるわw

あれもこれも、まだ今年の出来事かと思うくらい盛りだくさん。

ジャスティンだって、まだ加入して5ヶ月ですが、もう2-3年面倒みてる気がするくらいですしね。


そんな中ですが、いよいよフォルトゥナも9シーズン目です。

昨日、役員と新しい契約について話し合ってきて、大筋でボクの主張は受け入れて貰えた感じですので。

まだこの後に役員会などを経て、最終的に返事もらうことになってますが。

ここまでの仕事は評価して貰えてると感じれる話だったので良かったです。

まあ、正式にサインしたら報告します。


話は変わりますが、6月の中旬から、デュッセルドルフの街中をフォルトゥナ列車が走り始めました。

このデザインは一般公募から選ばれたもので、なかなかかっこいいです。

そんな車内には、子供達からの応募作品が掲載されていて。

で、今回はデュッセルドルフ日本人学校の子達もこのコンクールに参加してくれたんですが。

その中から数点が選ばれて、この車内に掲載されているんです。

これってめっちゃ嬉しくないですか?

このフォルトゥナ列車を探しちゃいますよねー。

こういう街の人たちを喜ばす企画ってすごくいいなって思います。

これは公共交通機関が協力してくれた企画ですが、そういうことでみんながハッピーになれるわけで。

ただお金取って広告載せますよってことではなく、こういう良いことに走る広告塔である電車が使われるのは大賛成です。

日本でもどんどんこういうアイディアを具現化していって欲しいなぁって思いますね。


デュッセルドルフの皆さんは、是非、乗る機会があったら子供達の絵を見つけてあげてくださいね。

そんなほっこりする話でした。

「頑張るときはいつも今」