ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
August 2016

08/31/2016

静岡の皆さんが帰国。

9日間に及んだ静岡サッカー協会のドイツ指導者研修が終了しました。

毎日一緒に行動していたので、本当に色々な話をしましたが。

皆さん本当に一人一人が真剣に日本サッカーのことを考えていました。

様々な年代を指導している方々の集まりだったので、それぞれ目線が違うのも興味深かったです。

また、学校の先生だったり、Jクラブだったり、スポーツクラブと、所属している場所も違うため、それぞれの視点でドイツのサッカー現場を見て感じることも多かったようです。

最後はライン川沿いのオープンテラスで、心地良い夕日を感じながらの食事。

皆さん経験豊富な指導者たちですが、今回の研修が凄く有意義だったとおっしゃってくださってくれました。

それだけで、色々な準備して、しっかりとサポートしてきた甲斐があるというものです。

こうやってサッカーを通じて新しい出会いがあることも本当に嬉しいこと。

これからも、こういう"縁"を大切にしていきたいと思いました。


デュッセルドルフを去っていく皆さんが、ここで得たことを、日本に戻ってから、最大限に活かしていっていただければ嬉しいです。

そんなこんなで8月のニクの日は、静岡の方々との別れの日となりました。

ドイツ歴、11年と7ヶ月。

まだまだ、貪欲にいきますよ。

「頑張るときはいつも今」

08/26/2016

また新しい知識。

静岡から来独中の指導者研修対応が続いています。

ユースアカデミーのフィロソフィーを話してもらったり、地域のトレセン(こちらではシュトゥッツプンクトと言う)の担当に話を聞きに行ったり。

ボクにとっても新しい知識がじゃんじゃん入ってきます。

不明確だったことへの疑問も晴れたりと、なんだかこっちも一緒に研修している気分。

ボクでそうなんだから、静岡の方々にとってはもっと新鮮で面白いのだろうなと思ってますが。


昨日はU17所属のシンタが通うフォルトゥナの提携校(ドイツサッカー協会認定のエリート学校)へ。

そこでも細かい話を聞き、シンタにも生の声を聞きました。

フォルトゥナは、周りにシャルケやドルトムント、ボルシアMG、レバークーゼン、ケルンといった1部の名門クラブと渡り合わなくてはいけないクラブ。

その多くがCLにも出場するトップクラブですから、フォルトゥナ独自の特性を持ちながら挑まなくてはいけないのも事実。

それでも最近は、育成で徐々に結果も出始めているのは、その努力が実り始めている証拠です。

この日の夕方には、リョウヤが所属するU19の練習も見学。

並行してU18の練習も見て、そのあとで監督を招いての夕食会も。

指導者ならではの多くの質問にも、しっかりと答えてもらいました。


ボクはマネージメントを専門としているので、細かい指導実践やトレーニングメソッドの知識はそんなに持っていません。

でも改めてドイツという国が、まぐれではなく、計画されて強くなり、W杯で優勝したのだと確信出来ています。

図らずもこの国にいて、こうやって需要が生まれるようになったことをとても嬉しく思うと共に、日々勉強が必要だと感じる機会にもなっています。

結局、ドイツ式が正しいとか日本式が間違っているなんてことは、絶対言えません。

でも、ドイツも悩んで苦しんで、本気で導き出した大きな結果です。

日本サッカー界も、難しいことはあるとは思いますが、本気でここで舵を切ってほしいですね。


4年後には東京オリンピック。

正直、世界のサッカー強国の多くはあまり重要視していない部分はあります。

でもそんなの関係ないですし、逆に言うとチャンスですから。

今回のリオだって、ドイツvsブラジルとなったことで最終的には注目を集めましたしね。

2020年から逆算したら、4年じゃ本当は足りません。

でも、今からでも遅くはないですからね。

日本サッカーの発展に少しでも貢献できるよう、引き続きボクは、知識や経験、ネットワークを蓄積していきますよ^^

それはそうと、今夜、いよいよブンデスリーガ1部の開幕です。

待ち遠しかったあの日々が帰ってきます。

また週末はサッカー見てばっかりになっちゃいそうですが。

また熱いシーズンの到来です。

皆さんも是非、ドイツにサッカーを見にいらっしゃってくださいね。

やみつき間違いーなし!


では、フライデーナイトも楽しんでください。

良い週末を。

「頑張るときはいつも今」

08/22/2016

日本からの研修来独ラッシュ。

先週末から静岡サッカー協会の方々が来独し、ボクが彼らの指導者研修のアテンドをしています。

早速、リョウヤが所属するU19のホーム試合を視察しましたが、試合はシャルケに0-3と敗れました。

それでも日本の指導者らにとっては、ドイツの高校生年代のハードな戦いぶりは刺激が多かったようです。

その中で、昨年はU18日本代表にも入ってたリョウヤを見ることは、この年代で日本人選手がどういう風に出来るかを見るすごく良い比較対象になりますしね。

リョウヤは古巣との対戦で結果を出せず悔やんでいましたが、これからも頑張って欲しいです。


ちなみにボクはその前日には、U17のシンタの試合も見に行ってきましたが。

ビーレフェルトとの試合で、シンタは豪快に先制ゴールを決めて3-0の勝利に貢献してました。


静岡の方々は日程の都合で見てませんでしたが、シンタに関しては練習見学や彼の通うエリート学校への訪問などで話を聞く予定です。


そんな感じで日本からお客様対応をしていますが、実はこの8月末から9月末までは怒涛の研修来独ラッシュなんです。

やはり2014年のW杯優勝も少なからず影響はしているでしょうが。

とにかくボクも日々勉強です。

日本の皆さんに有意義な時間を提供できるよう、引き続き頑張らなくちゃです。


ということで、今週も張り切っていきまっしょい。

あ、ちなみに週末にドイツ杯1回戦が行われ、フォルトゥナはアウェーでロストックに3-0で勝利。

これで無事に2回戦進出を決めました。

これも、ほんとよかったです^^


では、今週もよーい、どん!

「頑張るときはいつも今」

08/20/2016

サッカードイツ女子代表。

昨日女子サッカーの決勝が行われ、ドイツがスウェーデンを破ってオリンピック優勝を決めました。

男子も女子も決勝進出を果たしており、アベック優勝に向けて、まずは女子がやりました。

ボクは普段はあまり女子サッカーは見ませんが、昨日は90分しっかりTVで見たのですが。

いやー、女子サッカーのレベルも飛躍的に上がってますね。

スピード感もフィジカルも、格段にアップしていて驚きました。

これはなでしこもしっかりやり直さないといけないかもしれません...


それにしても、今回凄かったのは指揮官ストーリー。

決勝の相手のスウェーデンは、2008年と2012年にアメリカ代表を率いて優勝していたスウェーデン人のピア・スンドハーゲ監督。

今回は母国を率いてのオリンピックだったのですが、準々決勝では以前率いていたアメリカ代表を撃破。

さらに準決勝で開催国で強豪のブラジルも退けて、決勝進出を決めてました。


一方ドイツのシルビア・ナイト監督。

1996年から代表コーチを務め、2005年からは監督としてチームを率いてきましたが。

数々の栄光を掴んできた指揮官はこの大会で退任を決めていただけに、有終の美を飾りたかったんです。

そして結果はドイツが優勝。

ナイト監督がオリンピック優勝という最高の結果を残して勇退となりました。

そんなサイドストーリーも含めて見ていたので、かなり感情移入しましたね。

ちなみにオリンピックではいろいろな競技の日本代表が大活躍してますね。

ボクはドイツにいるので、なかなか日本選手たちの活躍は見ていないのですが。

それでもここまでで41個のメダル獲得って、本当凄いです。

サッカー界ではフィジカルで劣ると言われがちななんですが、スポーツの祭典では日本選手たちが大活躍。

そうなると、フィジカルって表現もいろいろあるなーって思っちゃいますよね。

そんなことを感じたフライデーナイトでした。

皆さま、良い週末を。

「頑張るときはいつも今」

08/16/2016

ホームでシュツットガルトに勝利!

先週末はデュッセルドルフに戻っての第2節。

相手は細貝萌選手が新加入したシュツットガルト。

1部から落ちてきた超強豪クラブに対して、37000人を超えるサポーターと共に迎え打ちました。

結果は1-0の勝利。

PKで得たゴールが決勝点になった形ですが、内容も良かったです。

2部ですからミスもたくさんありましたが、魂のこもった好ファイトで掴み取った1勝でしたね。


それにしてもやっぱ、自分のクラブってのは、何にも変えがたい思い入れがあります。

感情移入というレベルではない、まさにボクの生活の一部ですから。

昨シーズンは本当に勝てなかったので、なんだかこの週末は気分が良くてしょーがなかったです。

ストレス発散には、大きな声を出すことが一番いい。

日本ではカラオケがその役割を担っているかもですが、サッカーを見ながら興奮して大声を出すってのも、なかなか良いですよ。

日本でもこれに病みつきになってくれる人が増えていくといいですね。

そのためにも、Jリーグもエモーショナルな試合をもっと増やしていかなくちゃです。


日本のサッカーの発展にどう貢献するか。

その気持ちを忘れずに、いまはドイツで感覚をもっともっと養っていきます。


ということで、今日は良い月曜日でした。

これが毎週だと嬉しいんだけどな...

「頑張るときはいつも今」

08/11/2016

フォルトゥナ通信Vol.29

今月は季刊誌フォルトゥナ通信の発刊月。

ということで今週、無事に新刊が完成しました!

表紙はフォルトゥナの若きサムライたち。

リオオリンピックでは、残念ながらグループリーグ敗退が決まってしまいました。

4年後はホスト国として絶対にそんなことがあってはいけません。

選手一人一人がもっともっと外国を経験していく必要があると思います。

何を言っても、やはり経験と環境に勝るものはないですから。

そんな厳しい環境に、十代のうちから身を置いているサムライのタレントが、フォルトゥナには3人もいるんです。

クラブとしても彼らをしっかり育てていきたいと思ってますんで、是非よろしくお願いしますね。


ちなみにこのフォルトゥナ通信は、フォルトゥナ日本語HP(http://japan.f95.de/)からダウンロード出来ますので。

ご興味ある方は、是非是非ご覧ください!

よろしくお願い致します。


さて、明日は細貝選手擁するシュツットガルトとの対戦です。

金曜日のナイトゲームですが、すでに31000枚くらいチケットは売れてます。

超強敵ですが、全力でぶつかってきます!

それでは^^

「頑張るときはいつも今」

08/10/2016

私利私欲。

自分の利益や自分の欲求のためにばかり行動する人、マジで嫌いです。

人を騙し、言いくるめて、最終的に帳尻を合わせて正当化する。

そんな人、周りにいませんか?


でもときにそういう奴が地位や名誉を得て、馬鹿正直が損をするってことがあるのも事実。

地位や名誉を得ると、“成功者”みたいに扱われるなんてことも。


でもボクは進んで損する方を選ぶよ。

人を騙して言いくるめて得るものなんて、胸張れるもんじゃない。

財産って、そういうもんじゃないと思うから。

だったら苦労したって、踏ん張って頑張った経験の方がずっと財産じゃい!

この財産をもっと大事にしていこ。

それが一番大事なことよ。

自分のことばっか、自分の要求ばっか。

そんな人間にならないように、気をつけていきましょね。

今日はそんな意味深のブログでした。


「頑張るときはいつも今」

08/08/2016

ブンデス2部開幕。

長かった準備期間も終わり、いよいよドイツ・ブンデスリーガ2部が開幕しました。

1部リーグは3週間後に開幕なので、まだキャンプ中だったりしますが、2部はもう真剣勝負がスタートです。


そんな中ですが、フォルトゥナは開幕戦はアウェーでSVザントハウゼンに2-2。

開始12分までに2点リードされるとい最悪の立ち上がりでしたが、終了間際においついて、黒星は免れました。


*フォルトゥナTwitterより


ところで今季は1部からハノーファーとシュツットガルトが降格してきてますが、この2クラブは別格です。

特に細貝萌選手が加入したシュツットガルトは次節のフォルトゥナのホーム開幕戦の相手ですからね。

ダブルで要注意です。


その他にも宮市選手がいるザンクトパウリ、カールスルーエの山田選手と、我らがジャスティンもいますからね。

今シーズンの2部リーグも面白いはずです。

ということで是非皆さんも、注目してくださいね!


ちなみに負傷中のジャスティンですが、ランニングを開始しています。

もう少し時間はかかりますが、しっかり治して頑張ってもらいますので、是非期待していてください。


それでは、今週も気合入れていきましょう!

「頑張るときはいつも今」

08/02/2016

シーズンオープンデー。

先週末にはフォルトゥナのシーズンオープンデーが開かれました。

日本で言うファン感謝デーみたいなものですが、ドイツでは新シーズンスタート前に実施します。

今年はあいにくの天気となり、例年よりは人出も少なかったですが、それでも8000人を超える来場に。

会場には今シーズンからフォルトゥナのパートナーとなったTOYO TIREさんとNISSANさんのブースも登場。

NISSANブース:

TOYO TIREブース:

特にTOYO TIREさんは、このイベントに向けて様々なグッズを用意し、ファンに向けた様々なアトラクションを企画してくれまして。

選手たちにサインをもらう上で、ミニボールは最高のグッズ。

食べても平気なものでペイントされたリンゴ。

ジャスティンも多くのファンと写真撮影したり、サインをしてました。

昨シーズンの冬に加入したジャスティンにとっては、ファンにしっかりと認識してもらう良い機会になりました。


これで新シーズン開幕に向けてやることは終了です。

あとは良いスタートを切れることを願うばかり。


ちなみにジャスティンはゆっくり慎重にリハビリしてます。

焦らず、100%トップコンディションで戻ってこれるように、しっかり頑張ってほしいですね。

「頑張るときはいつも今」