ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
December 2012

12/31/2012

記憶と記録に残る2012年。


ついに今年も最後の日を迎えましたね。

今は日本にいますが、年が明けたらドイツに飛び立ちます。

早速2日から仕事で、スペインキャンプです。

ですので、気分は正月休み〜というよりは、休養終了〜って感じですね。


今年は振り返ると本当にいろいろありました。

毎年激動だと思ってますが、今年ほど結果の出た年は、記憶にありません。


フォルトナの15年振りの1部復帰、しかも入れ替え戦でのハプニングありで、その後も大変でした。


そして日本での講演活動から、TV出演、雑誌取材と、メディアの前にも登場させて貰いました。


新シーズンが始まり、念願の日経スポンサー獲得を果たして、クラブ内外に「日本デスク」をしっかりとアピールすることが出来、存在価値が一気に高まりました。


そして同時に1年間掛けて執筆してきた「ドイツサッカーを観に行こう!サッカーxドイツ語」も発刊となりました。


フォルトナは1部で予想外の健闘を見せ、前期を13位で折り返す中、ついについに待望で念願の日本人選手である「大前元紀選手」の獲得が決定しました。


その他にも、オレ自身のブログがオフィシャルサイト化し、フォルトナジャパンのHPもオープンするなど、本当に激動、というか激変の1年となりました。


昨年のこの頃のブログでは、まだ新しい部屋に引越したばかりで、そういうことも含めて激動の1年と表現してましたが、今年は記録にも記憶にも残る年でした。

今年は31歳という年齢イメージに負けない1年を過ごしたという自負があります。

長年信じてやってきたことが、ようやく評価され、そして認められたという感覚は、とにかく忘れられません。

ただ、まだまだ道の途中。


明日には来年が始まり、そして新しいステージがスタートです。

これまでの日本デスクとしての仕事に加え、大前選手の通訳としての業務が追加されます。

その他にもフリーランスの仕事で、フットサル大会の運営と日本の高校生チームの春休みのドイツ遠征コーディネートもあります。

さらにまた文章を書く仕事もしていますので、とにかくフルスロットルで頑張っていかねばなりません。

でも今回の日本滞在でしっかり充電しましたし、明日からまた150%で頑張れそうです。


まずは恒例、自分の32回目のバースデーを祝い、1年の目標を明確にして、ドイツに戻ろうと思います。

ということで長くなりましたが、今年もたくさんのご支援・ご声援ありがとうございました。

たくさんの方々に支えられて頑張れているのは間違いありません。

今年もまた皆さんに元気と勇気を伝えていけるような、そんなヒューマンドラマをお送りしていきますので、来年もよろしくお願い致します。


それでは皆さん、良い年末と素晴らしい新年をお迎えください。

Guten Rutsch ins Neujahr;-)


「頑張るときはいつも今」

GENGO

12/30/2012

GOKIGEN_SOUND。


今年もいよいよ残すところ2日を切りましたが、昨日は数ヶ月前から楽しみにしていたライブに行ってきました。

GOKIGEN_SOUND(ゴキゲンサン)というアーティストのワンマンライブ。

めっちゃ仲良くしてもらってる熱い熱いアーティストです。


誰もが知ってる湘南乃風のオリジナルメンバーで、メジャーデビュー前にジャマイカへ修行へ。

そこから戻ってコツコツと自分の道を歩んできて到達した自分だけの居場所、自分だけのステージ。

そういう漢ってめっちゃカッコいいです。

いろんな想いを聞きながら、いちファンとして迎えたこの日。


楽しかったのはもちろんですが、嬉しかったです。

恐縮ですが、仲間と呼べる人たちが輝いてる姿は、めっちゃいい刺激になりました。


年の瀬に最高のパワーをもらうことが出来てハッピーでした。

ゴキゲンサン、お疲れ様でした!!

ちなみに実は同じ日に、つくばで筑波の同期の忘年会があったのですが...

行けなくて残念でした。

行きたかった。

みんな、行けなくてごめんね。

また会える日を楽しみにしています。


それでは、あと2日。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

12/29/2012

趣味、温泉巡り。


冬の寒さとあったかい温泉、この組み合わせは、ソーセージとビールの相性くらいピッタリです。

ということで、翌日は星野リゾート系列の小牧温泉「青森屋」へ。

浮き湯と呼ばれる池にせり出した露天風呂は、雪景色もプラスされて最高のロケーション。

-8度だったので、5分もすると髪の毛がバリバリに凍ってしまうのも雪国ならではでした。


身体は芯からあったまり、お肌もすべすべ。

あー、ありがたや、ありがたや。


ドイツに戻ったらまた禁温泉となってしまうのでね。

たっぷり満喫して、趣味「温泉」でリフレッシュです。

さて、3日ほどインターネットから隔離していたのでちょいとスイッチを入れなければ。

今年もあとわずか。

このカウントダウンは、オレの誕生日へ向けて、そして日本滞在終了に向けてのカウントダウンでもあります。

心置きなく日本を頂戴いたします。

「休養するときはまさに今」

GENGO

12/28/2012

14回目。


ドイツに渡ってからの8年間で、何回日本に一時帰国してるのか数えてみました。

2005年に渡独してから、2006年1回、2008年2回、2009年2回、2010年2回、2011年3回、2012年4回。

仕事やプライベートも含め、合計で14回日本に帰ってきてることが分かりました。


そうかぁそんなに行き来してるのか。


さすがにこれだけ飛んでいれば、日独間は皆さんよりは近く感じられるもの。

特に今年は4回も帰ってきたので、流石に日本が恋しいという感情は薄かったです。


でも今年はその分、6月・9月には講演やテレビ出演、雑誌取材などもあり、10月は2泊4日の滞在だったので、かなり忙しくしてドイツに戻る日々でした。

だから今回はその辺も含め、とにかくリフレッシュ&休養。

完全には休めないので、ちょこちょこ仕事対応はしていますが、それでも思い切ってネット環境の悪いところへ行って、休むようにしています。


このスタイルはヨーロピアンのもの。

休暇は極力休む。

仕事のときとプライベートをはっきり分けるというスタンス。

日本社会では不可能に近いですが、ヨーロッパでは当たり前のこと。

休暇中はよっぽどなことがない限り、連絡することがタブーだし、中には携帯もパソコンも置いていっちゃうなんて人もいるんです。


まあオレはそこまでは出来ませんが、それでも今回は努めて休養。

というか来年に向けての充電です。


ということで、ちょっくら雪国に行ってきました。

大雪に見舞われてますが、温泉は最高。

今回は東京以南では最も黒い温泉って言われてるとこへ。


よく読むと説明書きに「ドイツのバーデンバーデン」の文字。

どうやらかつては世界に北海道の十勝川とドイツのバーデンバーデンにしかないと言われていたモール(亜炭)温泉という種類の湯だそうで。

最近は国内外でもいくつか見つかっている種類のお湯らしいですが、非常に珍しく、黒いお湯は気持ちよかったです。

東北温泉さん、ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ


それでは。

「休養するときはまさに今」

GENGO

12/24/2012

メリークリスマス。


今年もクリスマスイブになりましたね。

オレはもう日本ですが、ドイツだと約1ヶ月続いたクリスマスマーケットの最終日です。

今夜にはすべての小屋が撤収され、明日は街はガラーーーンとなっちゃいます。


ドイツでは24-25日は家族で家で過ごすのが通例なんですよ。

ということであのクリスマスマーケットもお終い。

また来年まで。


オレは車を飛ばして長野まで行ってました。

昨日も書いたけど、温泉などを満喫してきましたよ。


雪化粧の浅間山さん。

いい天気。


立ち寄ったアウトレットは大繁盛でした。


日本らしいイルミネーションも楽しみながら、東京へ戻ってきました。

今日はメリークリスマスイブ。

明日はクリスマス。

それが過ぎるといよいよカウントダウン。

新年までのカウントダウンは、オレの誕生日までのカウントダウンでもありますよ^^


ということで。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

12/23/2012

ドイツにも...


日本帰国中です。

例年はいろいろと動き回るのですが、今年は比較的休養にあてています。

東京を離れ、念願の温泉に入ることもでき、改めて日本の良さを感じているところ。

昨日は柚子湯に入ってきましたが、いやーやっぱり気持ちがいい。

露天風呂の雰囲気も、やはり日本独特の風情はたまりません。

これをドイツに作ったらきっと大繁盛するんだろうなぁなんて思ったり。

スーパー銭湯だってきっと大ウケすると思います。

電気風呂とか最高ですもん。

誰か思い切ってドイツ進出をしたらどうですか?なんて笑


ちなみにに今日はクリスマスイブイブ。

街はイルミネーションが溢れていますが、いろんなところにドイツのクリスマスマーケットが登場していると聞いて嬉しい気分になります。

六本木ヒルズでもホッとワインが飲めるなんて聞きました。

これこそ、上記のことの逆ですよね。

いいと思ったモノは取り入れちゃう。

さすが日本人。

商売上手。


ということで、ドイツ人も頑張ってドイツに温泉施設(スーパー銭湯)を!!

あ、日本人のどなたかでも結構です。

オレも、なんならアドバイザーで加わります( ´ ▽ ` )ノ

あれ、しつこいですかw?

失礼しやした。

でも温泉はやはり、日本が誇る最高の文化の一つですね。

ということで日本滞在中に、また行きたいと思います。

では、メリーメリークリスマスイブイブ。


「頑張るときはいつも今」

GENGO

12/18/2012

無事帰国。


無事、日本に戻ってきました。

今回はフランクフルトから飛んだのですが、本当に日本人だらけでした。

リラックスで帰ろうと思ったのでスウェット上下だったのですが、こりゃ失敗。

デュッセルドルフから知り合いの方も何人か一緒だったので恥ずかしい思いをしちゃいました。

人間身だしなみは大事ですね。

ドイツ戻りはきちんとして帰ろーっと。

ということで、日本食たーべよっと。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

12/16/2012

2012年、ドイツラストデー。

フォルトナが前期最終戦のハノーファー戦に2-1で勝利しました。 守護神GKギーファーが神懸かりのセーブを連発し、見事勝ち点3をゲット。 格上相手に素晴らしい戦いでちょー興奮しました^^ これでリーグ戦は半分が終了。 そして来週のドイツカップ3回戦を終えたらウィンターブレイクとなります。 本当にサプライズ連続の健闘ぶり。 あと1試合も頑張って欲しいですね。 ちなみにこれでオレのドイツ2012は終了。 今日、ひと足先に日本帰国します。 2週間の日本滞在。 いくつかアポは入っていますが、少しゆっくりしたいと思っています。 なんてったって、来年は1月1日に始動しますからね。 さすがにオレも休みたいので。 とりあえず温泉に入りたいですね。 自分にご苦労様でしたと言いたいです。 「頑張った」 GENGO

12/14/2012

明日は前期最終戦!!


明日は年内最後のリーグ戦でハノーファーと対戦します。

酒井宏樹選手、いいプレーしてもいいけど、フォルトナに勝たせてちょうだいです。


さあ、今年のドイツもあと2日だ!!

「頑張るときはいつも今」

GENGO

マンパワー。

この世には人間にはどうしようもないことって本当にたくさんあります。

昨年日本で起こった大震災はいい例です。

自然の脅威の前では、人間は小さな存在と言わざるを得ません。


しかしその一方で、あれだけの大震災から必死に立ち上がろうとしてきた日本国民。

そしてその姿に共鳴し、世界的な大不況であったにも関わらず、世界中から差し伸べられた”愛の手”。

それは、小さな存在であるはずの人間一人一人が持つマンパワーでした。

我々人間の世界に存在するものは、すべて人間によって作られてきたのです。

これは間違いのないこと。

超高層ビルだって、リニアモーターカーだって、宇宙船だって、すべて人間の”マンパワー”によるものです。

オレは常に思っています。

なんだって大概のことはやろうと思えば出来る。

それがよっぽど非常識なことじゃなければ、きっと実現は出来るんです。

そりゃ、タイムスリップしたいとか、空に浮きたいって言われても、今はオレには空想のことにしか思えません。

でもそんなことだって、理論上どうすればいいかってことをいつか誰かが解き明かせば、実現する可能性はゼロではないはずです。

100年前、200年前の人が地球を飛び出すなんて誰が実現出来ると思ったのかって話ですからね。

ようは、夢を描いているうちは、所詮夢です。

夢を叶えたいのなら、夢を目標にしなくてはいけない。

目標にしたのなら、そこをゴールとして、そこまでの過程を明確にするわけです。

明確になった過程は、上がったり下がったりしながらも必ず設定したゴールに繋がっているものです。

その途中では失敗し、挫折し、先がないように思うこともあるかもしれません。

先が霞んで見えなくなることもあるかもしれません。

でもそれは雲がかかっただけであり、その向こうには逃げないゴールがあるのですから。

その痛みに耐え、前に進む人間のみが、その先にあるゴールという目標に到達するんだと思っています。

周りから見れば、ゴールに到達した人間は、夢を叶えた人に見えるかもしれません。

それは周りの人には、そのゴールまでの過程が思い描けないからに過ぎません。

本人が出来ると思って進んできたからこそ、その目標は達成されたのです。



長い前書きになりましたが、昨日、春光懇話会での講演を無事終えました。

2部構成で行った今回は、1部がオレが前で喋るという講義形式、2部はオレを含む4名でテーマを立てながらのディスカッション形式で行うというものでした。

正直、講義形式の場合、こちらが一方的にしゃべり続けるため、聴講されている皆様の反応はわかりにくいものです。

それでも話したいと思っている内容を、一方的に伝えて終わってしまうことが多いというのは否めません。

しかし今回のディスカッション形式にしたことで、気心の知れた同僚の方々が代表で、自分に代わって質問してくれる、という雰囲気になったため、より参加型の講演になりました。


この春光懇話会という場でお話させていただいたのは2回目です。

1年前、突然お話をいただいたあのドキドキに比べると、比較にならないくらい落ち着いてすべての工程を終えることが出来たという印象です。

もちろん修正点はあったと思います。

まだまだ「え~」と言いながら喋っている自分に気がつき、気を付けようと思っていましたしね。

でもこの会、冷静に考えると本当にすごい方々が聴講してくださっているのです。

日立関連会社や損保ジャパン関連会社の皆様が主ですが、それぞれ皆様がご自分の会社を背負っていらっしゃるような方々ばかりです。

オレのような31歳の若造のために、これだけのメンバーが集まって、真剣に耳を傾けてくださっている。

ふと我に返って考えると、これは偉いことをしているんだなと思う自分もいたりするんです。


だってもしオレが日立さんに、損保ジャパンさんに入社していたとしたら、頭の上がらないような上司の方々が陳列している、ということですから。

その皆様が、「瀬田さん」とさん付けで接してくださる。

それだけで充分恐縮することであると思わなくちゃいけないのです。


でもその一方で、そうやって世界の最前線で戦う日本のビジネスマンの方々を前にしても、この年で堂々と喋ることが出来ている自分には、正直素晴らしいなと思ったりもします。

すでに既述したように、1年前は誰が誰だかわからず、一体何枚の名刺を交換したのだろうか、という感じでした。

家に帰って並べられた名刺は、一体どの方だったのだろうと言うくらい精一杯でした。

しかしそれからの1年で、HITACHIさんをフォルトナのプレミアムスポンサーへ迎え、そして皆様から

「瀬田さんは身内のようなものだと思っている」

と言っていただけるようになっているわけですから。

これは飛躍的な進歩と言えるでしょうし、我ながらあっぱれな進化と言っても過言ではありません。


今日、これまでの準備等を一緒に進めてきた懇話会の事務局の方からいただいたメールに嬉しい一文がありました。

「今までの数多くの春光懇話会講演会の中でも最も素晴らしい講演会だったと思います」

これ以上の賛辞があるでしょうか。


オレは自分にある人にないモノはなんだろうかと考えることがあります。

そしてそれはきっと、「周りに”やる気”を伝染させる能力」だと思っています。

「お前を見ているとこっちも頑張ろうって思う」

という言葉をよくいただきますが、誰かが泥臭く頑張る姿というものは、「頑張れ」という言葉よりもはるかに人を励ますことが出来るんだということを、恐縮ながら自分の人生を通じて学んでいます。


先日のブログにも書きましたが、ドイツで自分が立てた4つの目標は、3つ目まで実現することが出来ました。

しかし、勘違いしてはいけません。

何一つ、オレが一人で達成したことはありません。

ただ一つ、耐え続けてここでちょっとずつでも前進しようとしてきたことが、唯一オレ自身が達成したことかもしれません。

HITACHIさんがスポンサーとなったことはもちろん、こうやってオレに最初に声を掛けてくださった方もいらっしゃったわけです。

そして今回の講演でも、オレのような若造の話にも、何一つ疑うことなく耳を傾けてくださる方々の存在があっての成功だったと思います。

すべては人と人の繋がり。

人間と人間の触れ合いが、そういう雰囲気を生むのです。

己の利益ではなく、誰かの為にやろう、みんなで何か一緒にやろう、こりゃいっちょやってみようか、なんていう気運が高まったら、無理だと思うようなこともできてしまうんです。


これこそまさにマンパワー。

人間一人一人が持つパワーが集まったとき、大きな何かを達成し、そしてその成功を共有することで全体がさらに活性化するんでしょう。


いずれにしても、今回もまた、オレのレベルが上がったことは間違いありません。

そしてその場で、先日のブログに書いた最後の目標について、堂々宣言してきました。

なぜかって?

そりゃもちろん、有言実行するためです。

あれだけの一流企業の一流ビジネスマンの前で堂々と宣言してしまいました。

また頑張らにゃーいけませんね。


え、4つ目は何かって?

それはもう少しあとにまた書きたいと思います。

それは、フォルトナで大前選手がプレーする姿を、まだ見ていないからです。


ということで、2012年12月12日は、オレがまた一つレベルを上げる日となりました。

12月に入って「もう今年も終わりだなぁ」なんて思って過ごしていた人たちに比べたら、成長を感じれたオレは幸せものですね。

あ、「やばい、頑張らなくちゃ」って思ったあなた。

もう伝染しましたね。


「頑張るときはいつも今」

GENGO