ドイツ・スポーツフリーランサー GENGO SETA OFFICIAL BLOG 頑張るときはいつも今
LIRIOメルマガ通信新着情報配信中!

GENGO SETA [SPORTS FREELANCER in Germany]

Fortuna Düsseldorf
Birthday : 1981/1/1
Hometown : Tokyo, Japan
March 2013

03/31/2013

きっかけに。


フォルトナは大健闘しましたが、レバークーゼンに1-4で敗れました。

3点差じゃ大健闘なんて言えないかもですが、ラスト10分までは本当に惜しい戦いをしてましたから。

フォルトナはラスト10分での失点が本当に多いので、残り7試合はここがポイントのなりそうです。

いずれにしても残留争いのライバルがみんなコケたので、ひとまずホッと。

来週が超重要な試合になりそうです。

そんな試合をたくさんの日本からの子供たちが見にきてくれましたが、八千代高校もその中の一つ。

午前中にはフォルトナU17と対戦し、1-3で敗れたものの、このドイツ遠征最後にかなりいいファイトが出来たみたい。

彼らは実際に同年代の子達とぶつかり合い、そしてアリーナで本場のサッカーの情熱を感じてきました。

これがいい刺激にならないわけがないでしょ。


彼らは明日観光をしながらフランクフルトに向かい、日本へ帰りますが、きっとこのドイツでのすべてが、彼らにとって新しい何かへのきっかけになると信じています。

慌ただしい毎日ではありましたが、何度も顔を出したので、結構顔を覚えられたし、会話も出来ました。

またいつか再会出来ることを願って、彼らのレストランを後にしました。


ちなみに最後にお礼として↓をいただきました。


これを持って選手権を応援しに来いってことですよね?

つまり来年か再来年は、千葉県は八千代高校が優勝するはずです。


男は黙って結果残すっしょ。

楽しみにしているよ、八千代高校サッカー部の皆さん。

特に今回のドイツ来た組、しっかりトップチーム入りして、試合に出れるようになってくれよな。

また楽しみが増えました。

おっと、帰るまでが遠足。

彼らが日本に帰り着くまでは集中しておきましょう。

うんうん。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

03/30/2013

サッカー三昧。


イースター中のドイツです。

金曜日と月曜日がお休みなので、4連休を楽しんでいるドイツ人は、未だにマイナスのドイツを抜け出し、暖かいスペインなどでのんびりしている人もいるようですが。

そんな中、デュッセルドルフはサッカー三昧。

水曜日から高校選抜が来独し、U19の国際大会に出場しています。

早速オープニング試合でフォルトナU19と対戦し、結果は0-0。

でも今年の高校選抜は、ちょっと例年とはまた雰囲気の違う感じで楽しみです。


それから先週末から来ている八千代高校は、今日がラストマッチ。

ブンデスリーガの下部クラブと貴重な試合を重ねてきましたが、いよいよ明日で帰国になります。



それ以外にも、千葉から大阪から長野からと、まあたくさんのチームがドイツ入りしているようです。


そんな彼らの楽しみの一つが、ブンデスリーガ試合観戦。

このタイミングで、このあたりで行われる試合はフォルトナvsレバークーゼンということもあり、すでにたくさんのチームからチケット手配の問い合わせがありました。


フォルトナとレバークーゼンはライン川沿のダービーなので、ドイツ人らも盛り上がる一戦。

その熱気を感じて欲しいですね。



ちなみにレバークーゼンの細貝選手はベンチ入り。

でも大前選手はちょっと肋骨を負傷したため、今日はメンバー外です。

調子が良かっただけに残念ですが、まあそれも含めてサッカー。

次のチャンスを待ってもらいましょう。

ということでイースターですがお休み気分はなし。

サッカーサッカーサッカー、の毎日。

口内炎が出来てきましたが、まあサッカーのお陰ならモーマンタイ。

明日からサマータイムなので、今日で寒いのともお別れ!!といきたいところですが、まあそんなこともモーマンタイ。


とにかく、オレは元気です。

ちなみに今日は久しぶりのスーツで会場入りですよ。

レバークーゼン相手に勝ち点獲れるか、楽しみにして行ってきます!!

それでは( ´ ▽ ` )ノ

「頑張るときはいつも今」

GENGO

03/28/2013

高校選抜。


今日はとってもいい天気でした。

今日からデュッセルドルフに高校選抜がやってきます。

今週末にデュッセルドルフで行われるU19国際大会に参加するためです。

今回はレアルやバイエルン、ドルトムント、PSV、トゥエンテなど、名門クラブも参加するのでね。

ディフェンディングチャンピオンのフォルトナにも頑張って欲しい。


ちなみに明日は早速、フォルトナvs高校選抜です。

そして今回の監督は、作陽高校の野村先生。

7年前に作陽高校がドイツ遠征に来たとき、現地ガイドをさせていただいて以来の関係。

筑波大の大先輩でもあり、尊敬している方でもあります。


早速ご挨拶にいってきます!!

デュッセルドルフにお住まいの方は是非応援に行ってみてくださいね。


それでは!!

「頑張るときはいつも今」

GENGO

03/26/2013

寿司の認知度。


外国では、日本食といえば「寿司」。

実際日本人ってそんなにしょっちゅう寿司を食べるわけじゃないと思いますが、彼らに受け入れられているのは間違いなく寿司。

箸を使える外国人も多いし、ワサビやガリなんかも、もはやワールドスタンダードなんです。

そんな中、今日スーパーで見つけたんですが...

寿司のり。。。


すごくないですか?

普通に売ってましたよ?

しかも日本語表記です。

もはやドイツのスーパーにあると違和感以外の何物でもないんですが。

でもそれだけ寿司っていう料理が、一般に浸透してるってことですよね。


海苔が売ってるってことは、巻物がやっぱり好きってことなのかな。

いずれにしても、衝撃を受けました。

今日はそんな日常で見つけたサプライズでした。

それではまた明日( ̄^ ̄)ゞ


「頑張るときはいつも今」

GENGO

03/25/2013

にひゃくさんじゅうさん

壁に対する恐怖心より

壁の向こうへの好奇心の方が上回っている

よし、チャンスだ!


この試練乗り越えられるかな、って不安に思うより、これ乗り越えたらどうなるんだろうって、期待感を持てている今、一気に乗り越えるときだ。

メンタルチェンジ。


今日は自宅でデスクワーク。

締め切りが明日に迫る原稿書きをしたり、税理士に提出する書類の整理をしたり。


それにしても、人様が読む何かを書くって大変なことです。

ほんと、ブログじゃないですからね。

読書なんてろくにしたことのないオレの文章なんて、中学生レベルなんですけど。

まあ人間やれば出来るってことで。


そんな日曜日でしたが、八千代高校サッカー部たちは、今日は早速一発目の親善試合で、ボルシアMG戦でした。

結果は0-9の大敗。

時差や疲れもあったでしょうが、これは言い訳出来ない悔しい結果。

今回来ている子達はほとんどが新2年生らしいですが、そんなの関係ねぇ。

こりゃ喝を入れねば!

というわけで当初から予定にあったのですが、夕方はオレが担当した講義。



オレは技術的なことは言いません。

指導者ではないし、それはコーチの仕事。

でもメンタル的な部分や、考え方を少し変えるだけできっといろんなことが違って見えてくるはずですから。


まずドイツサッカーがなぜこんなに飛躍的に伸びているのか。

この10年ちょっとでドイツがどんな革命的なことをしたのか、を説明。


その上で、今日戦った相手になぜ大敗するのか、彼らと試合するという意味がどういうことなのか、今みんなが置かれている状況がどんなに恵まれているのかを話しました。

明日頑張ればいいんじゃない。

来週頑張ればいいんじゃない。

ドイツにいる今、本気でプロを目指してる外国の選手たちとやれる今日、全力で勝負を挑まないと。


16歳17歳がほとんどの高校生たち。

ここで海外のクラブから声が掛からないとも限らないのですから。

それは日本で部活動をしている誰かより、実際にドイツで対戦している彼らの方が、はるかに確率のある話です。

自分が今、どんなに恵まれた状況にいるかをわかってもらいたかったので、そんな話をしました。


講義の最初に「プロになりたい人」と聞いたところ、手を挙げたのは1人でした。

きっと恥ずかしかったのでしょう。


しかし、君たちには全員にその夢を持つ権利があるし、可能性もある、という話をし、10分後くらいに同じ質問をしたところ、ほぼ全員がプロになりたいと手を挙げました。

それでいいんだと思います。


結果はどうあれ、本気でそう思ってやることが大事です。

32歳のオレがどう叫んだって、もうプロ選手には100%なれないのですから。

明日からの残り5試合、みんなにとってはまたとない貴重なチャンス。

高いお金を払ってくれている親御さんに対しては、今回の遠征費が君たちのこの9日間の給料だと思って頑張るように伝えました。

1時間の講義を終えるころには、すっかり目の色が変わっている子が何人もいました。

さあ、明日から届く報告が楽しみです。

そして彼らの将来も楽しみになってきました。


いつやるの?今でしょ!!

「頑張るときはいつも今」

GENGO

03/24/2013

まぼろしの...


フォルトナには現在マスコットはいません。

クラブによってはいたりもしますが。


何でフォルトナにはいないか聞いたことがありますが、実はかつてはいたんだそう。

ただ、権利の問題でもめたんだとか。

デュッセルドルフ市は2本の尻尾を持ったライオンがモチーフなので、それとシンクロさせたマスコットがいたそう。

そんなフォルトナライオンくん(仮名)と先日突然対面することが出来ました。

どこから運ばれてきたかは知りませんが、ある日オフィスに行ったら、


うぃーっ、てな感じで座ってました。

古いですが、なかなかいい感じ。

これがいれば子どもとかにも人気出るだろうにね。

いつか復活があるんでしょうか。

今日はそんなフォルトナオフィスのワンショットでした。

それでは。

「頑張るときはいつも今」

GENGO

ドイツ遠征スタート!!


昨日のブログに少し書きましたが、今夜、千葉県の八千代高校サッカー部22人がデュッセルドルフ入りしました。


時間通りにホテルに到着してチェックイン。

さすがに長時間のフライトのあととあって疲れた表情を見せていましたが、ホテルについて安心したようでした。


さらに、0度という気温にもびっくりしたことでしょう。

でもオレもびっくりしてるので。苦笑

3月23日でこの気温はないぜ...

彼らは明日は早速一発目の親善試合が待っています。

滞在中は8日間で6試合をこなします。

その間には名門クラブの育成コーチからのトレーニングセッションもあり。

ブンデスリーガクラブの練習見学(フォルトナ、シャルケ)や、スタジアム見学(ESPRITアリーナ)、そしてブンデスリーガ試合観戦と、内容はてんこ盛り。

彼らがこの遠征を通じていろいろなことを感じていってくれると嬉しいなぁ。

ちなみにオレが初めて現地ガイドをしたのは7年前。

岡山県の作陽高校のドイツ・オランダ遠征でした。


そのときは右も左も分からず、とにかく全力で取り組んだことを覚えています。

ベルリン空港で別れるとき、めっちゃ感謝されたときのあの感情は、病みつきになりそうでしたから。


ちなみにそのときにドイツに来た学生の一人が今、ドイツに渡ってきて4部クラブでサッカー選手として頑張っています。

ヴィクトリア・ケルンというクラブの濱中選手。


そんな風にドイツに戻ってきてくれることは喜び以外のなにものでもありませんからね。

まだ再会は出来ていませんが、近いうちに会えるのではと思っています。

余談ですが、来週からは高校選抜もデュッセルドルフ入りします。

U19国際大会に参戦するためですが。

そしてこの選抜の監督が、なんとその作陽高校の野村先生なんです。

この再会もまた嬉しいですよね。


今回の八千代の選手たちとも、いつかそうやって繋がっていけると嬉しいですし、そうなるようにしたいですね。

ということで、時間がある時に顔を出しに行きます。

「頑張るときはいつも今」

GENGO


03/23/2013

140%で生きている。

今年に入ってフォルトナでの仕事が99%くらいを占めている状態ですが、実は他の仕事もやってるんです。

一応オレはドイツでは個人事業主となっており、フォルトナとも日本デスク担当者として、そして大前選手の通訳として、”契約”をして働いています。

まあ、事実上はほぼフルタイムの常勤スタッフと一緒ですが。

去年の年末には実際に完全にフォルトナの職員として契約をしないかというお話もいただいたのですが。

まあ其の辺は外国人ゆえに、税金やら保険やら、考えることも多く、また将来のことも考えて今の契約形態を維持しているのですが。

その残りの1%で何をしているかというと、、、それじゃ足りませんw

1%では無理なので、21%くらいは使っています。

つまり、100%のキャパを超え、120%くらいのパワーで生きているということですw

先日のフットサル大会のオーガナイズもそうでしたが、今日からは日本の千葉県から来る高校生チームのドイツ遠征オーガナイズをしています。

実際に帯同はせず、現地ガイドも別で手配しているのですが、ホテルやバス、レストラン、練習場の手配、そしてマッチメーク、ブンデスリーガ観戦チケット手配などなどのコーディネートをしています。

数年前はスペインの、特にバルセロナに遠征したがる人たちが多かったですが、今では主流はドイツ。

日本人選手も多く所属していますし、クラブや施設も充実していますし、最近は本当に多くの方々が訪れる地になっていることを感じます。

今回も名門クラブの育成チームとのマッチメークをさせてもらったので、学生たちにとっては本当にいい機会になると思います。

遡るとオレ自身、高校時代にドイツ・オランダ・イギリス遠征をしたことがあって。

あのときの印象は忘れられないです。

ドイツに来てから、すでにたくさんのチームにお手伝いとしてお邪魔したり、現地ガイドとしてつかせてもらったり、そしてコーディネートさせてもらったりしてきました。

とにかく思うことは、今回参加する24人のための1つの遠征をサポートしているのではない、ということ。

24人それぞれに感じ方が違うのですから。

24個のドイツ遠征をサポートするのだ、という気持ちでやることが大事だと思っています。

芸能人もそう、スポーツ選手もそう、政治家もそう。

1人で不特定多数の相手をするような立場の人は、特に忘れないで欲しいことです。

1回1回、1人1人を大切に意識すること、ですね。

実は同時進行中の仕事がまだ別にあるのですが、こちらはまた時期が来たら発表します。

これにも20%くらい労力を使ってるんで、実はオレは毎日を140%くらいで生きているってことですね。

そりゃ白髪も抜け毛も増えるわw



それでは皆さん、良い週末を。

「頑張るときはいつも今」

2kgのダイエットに成功中、GENGO

にひゃくさんじゅうに

この壁の向こう側には何があるのかな

そう思ったら立ち向かう勇気が湧いてきた



壁に挑むときのモチベーション次第で、超えられる可能性って高まると思うんです。

困難を楽しむのは簡単なことではないですが、その先に待つ未来に期待をしながら頑張ればいけそうじゃないですか?^^